山梨県では人口10万人に対して薬剤師が200人弱となっており、薬剤師が少ない地域として知られます。

少ない薬剤師が県内の勤務先に振り分けられるため、病院や診療所、薬局、製薬会社など、どこにおいても薬剤師は足りておらず、高い需要を示しています。

一般的に薬剤師の少ない地域は転職に有利と考えられがちですが、山梨の場合は薬剤師の求人数が少なく、転職には不利な地域です。

山梨県の薬剤師事情を把握するため、ここでは山梨県内における薬剤師求人や給与、地域差などの傾向、そしておすすめとなる転職サイトの特徴などについてご紹介します。

山梨での薬剤師の求人傾向について

山梨県内の勤務地が少ないため求人も増えにくい傾向
薬剤師不足とされる山梨県ですが、勤務地となる施設の数が少ないことからそれほど多くの求人には恵まれていません。

そのため、好条件の求人を狙うには山梨県は適しておらず、近隣の東京都や神奈川県、埼玉県で転職活動する方がより確実だと言われています。

しかし、山梨県内に全く求人がないわけではありません。極めて少ないものの、地方部では年収が600万円を超える求人も確認されています。

決して多くはない求人から少しでも条件の良い求人を探し出す時は、迷わず薬剤師転職サイトを利用しましょう。その方が1人で求人情報を集め、転職活動に乗り出すよりも短期間で確実な下準備と転職が可能となります。

山梨県での薬剤師の平均給料/年収・月収について

山梨県平均年収は全国平均を上回る600万円弱
甲府市のような都市部では県内でも調剤薬局が多いことから、地方部と比べて求人数は集まりやすくなっています。甲府市では病院の平均年収が400万円から500万円程度となっており、地方部と比べても年収の安さが目立ちます。

一方、地方部である中央市や富士吉田市などでは調剤薬局の年収が500万円から800万円と大きな幅を見せています。全体的に求人数は少ないため、こうした高額年収の求人を見つけることは容易ではありません。

また、薬剤師1人当たりの仕事量も多く、過酷な職場環境となりやすいことが報告されています。そのため、山梨県内に転職する際には事前に職場環境などについてしっかりと調べておくなど、失敗に備えておくことが大切です。

山梨県での薬剤師の今後について

高齢化が進み薬剤師活躍の場が増える
山梨県内では現在進行形で高齢化が進んでいます。そのため、今後薬剤師が働き続けるためには、在宅医療や患者が安心できるコミュニケーションといった技術が求められることになるでしょう。

在宅医療では薬剤師による患者に寄り添った接し方や健康相談・情報提供といったケアができるようになっておくべきだとされています。

また、地域医療の現場においてとくに重要視されているコミュニケーションに至っては患者の心と体のケアに欠かせない重要な技術とされているため、将来的にこうしたケアができる薬剤師のニーズが高まるのではないかと予想されています。

山梨県のおすすめ転職・求人サイト

山梨県の求人が多い転職サイトの複数登録がおすすめ!

年収額は平均以上となる山梨県ですが、勤務地の数が少ないことから転職は不利だとされています。

必然的に求人数も少なくなる中、少ない求人数の中から転職のチャンスをつかむ場合は薬剤師転職サイトの利用がおすすめです。

転職サイトは2つ以上、複数登録するようにしましょう。転職サイトには専任コンサルタントが在籍します。登録後はコンサルタント指導の下、集めた求人情報から納得できる勤務先を選ぶためとことん相談することが大切です。

数の少ない薬剤師が山梨県内の勤務地に散らばっていることから、多くの施設では未だ薬剤師が不足している状況です。また、県内の求人数が少ないことから、近隣の東京都や神奈川県、埼玉県で転職を探す方が良いという意見まで出ています。

平均年収も600万円近くを記録するなど全国でも年収に恵まれた山梨県ですが、転職においては非常に狭き門として知られています。それでも調剤薬局の中には700万円や800万円を提示することもあり、魅力的であることは確かです。

山梨県への転職を考えた際、こうした好条件の求人を見つけられるか否かが転職の成功に関わると言っても過言ではないでしょう。

薬剤師転職サイトでは非公開求人を閲覧でき、専任のコンサルタントが転職活動をサポートしてくれるなど、多くのメリットに富んでいます。1人の転職活動に不安を抱いている方やより良い条件で転職したいと考えている方には転職サイトの複数登録がおすすめです。