病院薬剤師の給料事情について

病院薬剤師は最新の医療知識を学ぶことができ、チーム医療の一員として活躍することができる薬剤師です。

やりがいは十分にありますが、やりがいだけでは極端に言うと生活できません。

実際に病院薬剤師として就職しようと思っている方のお役に立てるように、今回はなかなか聞けない病院薬剤師の給料事情について正直にお話していきます。

オススメ薬剤師転職・求人サイト

マイナビ薬剤師

薬キャリ(エムスリー m3)

ファルマスタッフ

ファーマキャリア

リクナビ薬剤師

ヤクジョブ.com

薬剤師の一般的な給料

薬剤師は他の職業と比べ国家資格を持ち、給料も安定して貰うことが可能です。一般的に薬剤師全体の年収平均は約550万円と言われています。

薬剤師はいろいろな働き方ができますが、大きく分けて病院、薬局、ドラッグストアなどがあります。

月給の初任給はそれぞれ

病院:20万円前後

薬局:25万円前後

ドラッグストア:30万円前後

このように初任給だけみると病院薬剤師は給料の面では厳しい状況です。ですが最終的な年収でみていくと

病院:650万円

薬局:650万円

ドラッグストア:700万円(店長クラス)

以上のように差は小さくなる傾向です。

病院薬剤師の給料

実際に病院薬剤師は初年度の初任給20万円だけで生活しているわけではありません。他の薬剤師にもありますが、さまざまな手当てが付きます。

病院は日直や当直があり、特に祝日やお正月などの出勤では手当てが付きます。手当ての金額は病院により異なりますが、1回の当直で約1万円程度で付くことが多いかと思います。

そして、個人的に意見ですが病院薬剤師をしているとお金を使う暇がありません。

病院薬剤師という職業に慣れるまでに時間がかかり、一人前に働けるようになると空いた時間で自己学習や資格取得に向けての勉強など、病院薬剤師の世界にどっぷり浸かると遊ぶ時間が自ずと短くなります。

自由な時間が短くなればお金を使う時間も減り、勝手にお金が貯まっていきます。

転職した場合はどうなるかというと、こちらも病院によりますが薬剤師歴を特に考慮します。

もちろん業務経験は重要ですが、同薬剤師年数の同僚よりも少なめの金額からスタートするようです。

気になる病院薬剤師のボーナス

給料と同様、ボーナスも病院ごとに異なります。私が以前働いていたところは年に2回、月給の約2か月分を頂きました。場所によっては年に1回の支給で一気に4.5か月分が支払われるなど貰うタイミングもまちまちです。

一般的には1年の合計で60~150万円ほど貰えるようです。月給なので月給が高いほど貰える額も上がります。

ただし、月給といっても基本給なので薬剤師手当てが異常に高いと基本給は少なくボーナスを貰える額も減るのでご注意ください。

病院薬剤師が昇給していくには

ボーナスも増やしたいし、給料もアップしたいからどんどん出世して昇給したいところです。

ではどうやって昇給していくかというと、やはり勤続年数が重要になります。病院によっては1年の頑張りを評価して昇給に色を付けるところももちろんありますが、年功序列で給料は上がっていきます。

役職もある程度の年数を経過しないと昇格しないと思った方が良いでしょう。裏を返せばコツコツ勤続年数を延ばしていけば給料は右肩上がりです。

薬局長クラスまで到達すれば桁が変わるので長く働ける方には向いています。

病院薬剤師のお金事情について > まとめ

やりがい、充実度はとても高い病院薬剤師ですが、お金の面では劣ってしまう印象です。

私の同僚、知り合いの中で、家計を病院薬剤師一人で担っている方はいらっしゃいませんでした。

ほとんどの方は共働きだったので、やはり誰かを養って生活するほどの経済力は見込めないかもしれません。

一方で独身、共働きにとっては十分な金額です。病院薬剤師でも産休、育休からの復帰もだいぶみられるようになりました。

安定した職業ではあるので、給料アップには長く働ける職場を見つけるのがポイントです。

オススメ薬剤師転職・求人サイト

マイナビ薬剤師

薬キャリ(エムスリー m3)

ファルマスタッフ

ファーマキャリア

リクナビ薬剤師

ヤクジョブ.com