医療現場で働く薬剤師に必要なもの

確かな薬学的知識を持ち、周囲と円滑なコミュニケーションを取る

近年の医療の発展は目覚ましく、新しい作用機序を持つ医薬品や新規のデバイスを用いた医薬品が次々に開発されています。

そのような薬剤の中には、有効性は高い一方で重篤な副作用が発生する可能性が高いものも少なくはありません。

このような医薬品を適正に使用するためには、薬剤師の関与が必須です。薬剤師が医師、歯科医師、看護師、その他医療スタッフと連携して薬学的観点から安全・安心な医療を提供することは極めて重要であると言えます。

現在、このようなチーム医療という考え方が病院から地域医療に普及してきていますが、円滑なチーム医療を行うには、患者さんや他の医療スタッフからの信頼を得ることが欠かせません。

確かな薬学的知識を持って周囲と円滑なコミュニケーションを取りながら医療を進めていく薬剤師の働きが病院内においても地域の薬局においても求められているのです。

チーム医療の中心にいるのは患者さん

患者さんから、「この薬剤師さんは相談をすると親身になって聞いてくれ、真剣に答えてくれる。信頼できる人だ」と思ってもらえるような信頼関係を築くことが大切です。

時には患者さんから想定もしなかったような質問をされることもあるでしょう。そんな時、その素朴な疑問を曖昧にしたりないがしろにしたりせず、誠実に向き合うことでも信頼感は生まれます。

即答できなくても、自分のために時間を割いて調べてくれたんだという真摯な態度や思いやりの心は患者さんに伝わります。医師には相談しにくいことも薬剤師になら言える、という信頼感や、薬の専門家から見守られている、という安心感は、患者さんが積極的に医療に関わっていく原動力となり、まさにチーム医療の出発点となります。

他職種の医療スタッフからの信頼を得るにはどのようなことが必要?

チーム医療においては、様々な職種のスタッフが、それぞれの専門知識や技術を持ち寄り情報を交換することで、患者さんにとって最善の医療を届けることが目的となります。

チームの一員として存在感を発揮するためには、他のスタッフに意見や提案のできるコミュニケーション能力が求められます。

また、医療の進歩が目覚ましい今日においては、常に知識や技術をアップデートし続けることは薬剤師として必須であり、それは大前提と言えます。

自身の薬剤師としての知識・技能に自信があれば、医師や看護師に自分から積極的に意見交換を行っていけるはずです。その際には、それぞれの専門分野が異なっていることを理解し、お互いを尊重したコミュニケーションを取ることが重要です。

そうした普段からの円滑なコミュニケーションがお互いへの信頼感につながります。情報交換が日頃からこまめに行われる関係を築ければ、薬剤師の職能を発揮できる機会が増えることも考えられます。

例えば、看護師が気づいた患者の様子や発言を薬剤師に何気なく伝えたことがきっかけで、服用している薬剤の副作用の推測や、患者のコンプライアンス・アドヒアランスの改善につながるような次なる提案につなげることができるかもしれません。

医療現場で働く薬剤師に求められていること > まとめ

薬剤師の仕事は、もはや薬剤部内・薬局内だけのコミュニケーションでは務まりません。積極的に患者さんおよび他の医療スタッフに関わっていき、協働して医療を行える能力が求められています。

そのためにはまず確固たる薬学的知識を持つことは当然であり、その知識に裏打ちされた自信をもって周囲とコミュニケーションを取り、情報収集を行うことが重要です。

そして、「相手は今どんなことに困っているのだろう」「このコミュニティやチーム全体にとって自分は何ができるのだろう」という周囲を思いやる心、周囲の役に立ちたいというホスピタリティの精神に基づいた正確な判断を下せることが、今後医療現場に求められる薬剤師として活躍するためには必要と言えます。

おすすめ薬剤師転職・求人サイト

マイナビ薬剤師

薬キャリ(エムスリー m3)

ファルマスタッフ

ファーマキャリア

リクナビ薬剤師

ヤクジョブ.com