大きい3つの薬剤師転職方法

薬剤師の転職方法には、「求人サイトから自分で探す」「転職紹介会社に登録し、紹介してもらう」「知人から紹介してもらう」と、大きく分けると3つの方法があります。

ここでは、その一つ一つの転職方法について解説していきます。

キャリアフィールド厳選!おすすめ薬剤師転職・求人サイト

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

チェック地方や地域の求人に強い

チェック利用者満足度5年連続No1

チェック薬事事情に詳しい

 

薬キャリ(エムスリー m3)

薬キャリ

チェック業界トップクラスの求人数

チェック最短即日すぐにも職場環境を変えたい

チェック転職登録希望者数No1

 

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

チェック交渉に強いコンサルタント

チェック実際に職場を訪問して情報収集

チェック日本調剤グループならではのサポートあり

求人サイトから自分で探す方法

『求人サイトから自分で探す方法』についてお話しします。

転職紹介会社の検索ページから探す方法

『薬剤師 求人 検索』などのキーワードでGoogle検索をしてみると、転職紹介会社のホームページがたくさん出てきます。それらのサイト内に検索ページがあり、希望勤務地や希望職種などを入力すると、その条件で絞り込んだ求人検索が可能です。

「自分のペースで探したい」「まだ勤務地を決めていない」「どんな求人があるのかただ見てみたいだけ」といった方にはとりあえずおすすめの方法なのではないかと思います。

実際に検索をかけてみると、それぞれの職場の営業時間や年収帯、年間休日の日数なども見ることができますし、ある程度ご自身の中でゆずれないポイントがある方などはそれらの条件もさらに盛り込んだうえでの絞り込み検索も可能だったりします。

「この地域にはどんな求人があるんだろう」「あの薬局気になってるんだけど求人出してないかな」などなど、気になることを気軽にサクッと見ることができるというメリットもあります。

一方で、これらの求人サイトさえ見ればすべての案件がくまなく探せるというわけではありません。なかには一般には公開していないものもたくさん存在します。

これが非公開求人と言われるものです。

求人サイトにはよりますが、そんな非公開求人が案件の半分以上を占めているということもありますので、より詳しく知りたいという方は登録したうえで相談していただくと良いでしょう。

もちろん登録したからといって絶対に転職しなければならないということはありませんから安心してくださいね。

企業のホームページから直接募集要項をチェックする

転職紹介会社のサイトから検索をするという方法の他にも、直接、企業のホームページにアクセスしたうえで募集要項を見るという方法もあります。

「実は雑誌で見たあの企業が気になってるんだよね」「あそこの病院は年収いくらぐらいかな?」などなど、実際に気になっている企業があるという方は、このようなチェックの仕方もアリでしょう。

調剤薬局などではホームページで店舗単位での募集をかけているような場合もありますので、気になっている店舗があるという方は参考にできる可能性もあります。

場合によっては思わぬ形で、好条件の募集がかかっているといったこともあるかもしれませんので、このような探し方も知っておいてもらうと良いのではないかと思います。

ハローワークや地元の情報誌、折り込みチラシなどで探す

大手の転職紹介会社のサイトなどに求人を載せようと思った際、企業としてみればやはり最終的には莫大なコストがかかるものです。

紹介会社を介した薬剤師の求人の場合、正社員やパート、年収帯など条件にはよりますが、なかには成功報酬として200万円以上の手数料がかかる場合もあるのです。

中小企業や個人経営をされているような会社では、できるだけ求人にかかる費用を抑えようと考えている会社は少なくありません。

このような理由から、「求人サイトには載せない」と考えているような会社も存在するのです。

費用が割安な求人方法はどんなもの?

特に全国的に募集する必要がない個人経営の小さな薬局などでは、地元の一部の薬剤師の方が目にするような媒体に載せれば良いので、その場合の費用は最小限に抑えることができます。

その求人誌などを見た薬剤師の方が直接応募してきてくれた場合、紹介会社へ支払うような莫大な仲介手数料は一切かからなくなるのです。

ただし、求人誌やチラシなどに載せる際には、ものによりますが広告費用として数万円程度支払う必要が出てきますが、紹介会社の仲介手数料に比べるとコストが10分の1以下になる可能性もあるのです。それで薬剤師を採用できるのであれば企業側はそちらを選びますよね。

ただし、当然デメリットもあります。

今の時代、大半の薬剤師の方が紹介会社を利用して転職をしていますので、求人誌などで募集をかけても『ほとんど応募してこない』という現実があります。1年間広告に掲載してみたけど応募がゼロなんてことは日常茶飯事なのです。

そうなってしまっては広告費をドブに捨ててるようなものですよね。そのあたりは募集をかける企業側にとっては悩ましいところです。

しかし、求人案件を探している薬剤師のみなさんからしてみれば、いろんな方法で求人を探すことができるメリットがある、と考えていただくことができるのではないでしょうか。

掘り出しものが見つかる場合も

自宅近くで働きたいと思われている方や、お子さんのお迎えの都合で幼稚園や保育園の近くで働きたいとお考えの方などは、ハローワークや地元の求人誌などで探した方が簡単に見つかる場合もあります。

なかにはなかなか応募してこないということから、とんでもない好待遇の案件に成長し、ひそかに眠り続けているような求人があるかもしれませんので、いろんな探し方と並行して利用してみるといいかもしれませんね。

求人サイトから自分で探す方法 まとめ

求人サイトから自分で探す方法やその他いろいろな方法についてお話してきましたがいかがでしたでしょうか。

やはり自分で探すとなるとひとつの方法だけにとらわれず、様々な方法を併用しながら探す方がより良い求人を見つけやすくなるのではないかと思います。

もしご自身で探してみようと思われる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

転職紹介会社に登録し紹介してもらう方法

『転職紹介会社に登録して紹介してもらう方法』についてお話しします。

転職紹介会社とは

転職紹介会社とは、忙しく働く薬剤師のみなさんに代わって理想に合った求人を希望の地域から探し出してきてくれる会社です。

一部の地域のみに特化した紹介会社から全国に複数の拠点をもつ紹介会社など、様々な特徴をもった紹介会社が存在します。

専任のコンサルタントって何?

転職紹介会社に登録すると、転職を全面的にサポートしてくれる専任のコンサルタントが付いてくれます。求人案件の紹介から応募、面接日時のセッティング、その他の条件交渉まですべてを無料でサポートしてくれます。

薬剤師の転職に関するプロですので、わからないことや業界の動向など含め、何でも教えてくれる頼れる存在です。

また、コンサルタントにはそれぞれ担当の地域が存在し、その地域の求人先の事情や雰囲気などの情報をいろいろ把握している場合もあります。

気になる職場の裏事情や昇給率の実際などもこっそり教えてくれるかもしれませんので、そのあたり積極的に聞いてみるといいでしょう。

逆にそのあたりの情報をあまり教えてくれないようなコンサルタントだと、あまり頼れない担当者にあたってしまったのかも…と思ってもらってもいいのではないかと思います。

登録費用や手数料はかかるの?

登録から転職完了まで一切の費用はかかりません。

どんなわがままな条件を出しても、条件をコロコロ変えたとしても、手数料などを支払う必要は全くありません。

なかには無事に転職ができた際には、逆に数万円ものお祝い金をいただけることもあります。

転職紹介会社はどうやって収入を得ているの?

ここで、じゃあ紹介会社はどうやって利益をあげているのだろう?ということが気になりますよね。

実は紹介会社は完全成功報酬型であることがほとんどであり、最終的に無事転職が決まり、入社が決まった際に、その転職先の会社が報酬を支払うことになっているのです。

その際の金額は個別契約なので様々ですが、転職者の年収の20%前後であることが多いと言われています。仮に20%で考えてみると、年収500万円で転職した際には100万もの報酬が転職先の会社から紹介会社へ支払われるという計算になります。

このようにして利益を得ていますので、転職希望者が一切の費用を支払わなくても経営が成り立っていくのです。

転職紹介会社への登録から案件紹介までの流れ

登録の仕方は、転職紹介会社の専用ページから必要な情報を入力して送信するだけというように、いたってシンプルなものです。

必要な情報もお住まいの地域、電話番号、希望職種、希望勤務地、年収帯などある程度ザックリしたもので大丈夫です。ひとまずは『登録する』ということが最大の目的になります。

登録が済んだら登録した電話番号に担当者から電話がかかってきます。その際に細かい希望条件をお話しするか、直接担当のコンサルタントと面談をするかなどの話をされます。

直接面談をする場合、自宅近くや勤務地の近くの喫茶店などに担当者が来てくれることがほとんどであり、その際のコーヒー代なども負担してくれます。

そこで転職を希望される方の細かい条件をすべて聞き出してくれるというわけです。その場でおすすめの案件などを紹介してくれることもありますよ。

直接の面談がなく、電話だけの場合もありますが、いずれにしてもそこまで大差なく案件は紹介してくれるのではないかと思います。

案件紹介から応募まで

面談が終わった後に、転職紹介会社によっては履歴書や職務経歴書などの提出を求めてこられるところもあります。

いずれにしても企業の面接時には必要となってくるものですので、練習の意味も含めて記入しておくといいかもしれませんね。

なかには履歴書などの添削をしてくれるような紹介会社もありますので、不安のある方は利用してみるといいでしょう。

そしていよいよ担当者が選りすぐりの案件を探し出してきてくれるのですが、そのなかで、もし理想通りの職場が見つからなかった場合は再度条件面の確認をしたり、もう一度探してもらうなどじっくり案件を吟味していただいた方がいいでしょう。

なかには一度にすべての案件を紹介するのではなく、少しずつ小出しにしてくるような紹介会社もありますので、そのあたりは慎重に見比べてみてください。焦って決めてしまうことのないようにしたいものです。

気になる案件が見つかったらその職場の詳細な情報をより詳しく聞くか、実際に見学に行くというのもいいでしょう。そのあたりのセッティングも担当者がおこなってくれます。

また、応募してみようと思われた際は面接の日取りも調整してくれますし、なかには面接に同行してくれるような紹介会社もありますので、気になる方はぜひ利用してみてください。

条件面の交渉を最後までサポート

面接後、見事内定をいただくことができれば、そこからがさらに担当者の腕の見せどころです。特に給与面のアップはここからが本番だと言っても過言ではありませんので遠慮せずに相談してみましょう。

また、車通勤の方などはもともと高速代は出さないという会社もありますので、そのあたりの交渉も代わりにおこなってもらうといいでしょう。

そのような相談にも意外と応じてくれたりするものですので、気になることは何でも聞いておいてくださいね。

転職紹介会社に登録し紹介してもらう方法まとめ

転職紹介会社に登録して紹介してもらう方法についてお話してきましたがいかがでしたでしょうか?

忙しく働く薬剤師のみなさんの心強い味方であるということが今回の記事でおわかりいただけたのではないでしょうか。

実際に登録したことがないという方は、登録から紹介までの流れをイメージしていただくことができましたでしょうか。

これから転職紹介会社を利用してみようとお考えの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

知人からの紹介

薬剤師の転職には大きくわけて3つの方法がありますが、今回はそのなかでも『知人からの紹介』についてお話ししたいと思います。

この方法にはたくさんのパターンがあり、まさに十人十色ではないかと思いますので、ここでは一般的なものを中心にお話しさせていただければと思います。

知人からの紹介のいろいろ

会社勤めをしていると、急に人が辞めてしまったり業務拡大で人手不足が生じてしまったり…といった具合に「すぐにでも優秀な人材が欲しい!」と思う時ってありますよね。

そんな時、企業として最も頼りになるのが、所属している社員からの紹介です。

人員不足が発生した際に、募集をかけて、応募してこられるのを待って、さらに面接して採用を検討する…。この流れだけでも大変な作業になってしまいますが、実際に入ってきてみたらとんでもないブラック薬剤師だった…なんてこともよくある話。余計に現場は混乱してしまうことになってしまいかねません。

しかし所属社員の紹介なら、ある程度どんな性格の方なのか、人間性の部分や協調性のある方なのかなどの情報を事前に聞くことができ、ある程度見通しが立ちやすいと言えるでしょう。

なかには友人や知人を紹介することによって、紹介してくれた方に謝礼として数十万円も出してくれる会社まであります。まさに特別ボーナスという感じですね。

知人の友人からの紹介

例えばみなさんも、薬剤師の友人などと話していると「ウチの会社、いま人が少なくて大変なんだよ。誰か紹介してよ。」というようことを耳にされることはありませんか?

こんな感じで『人づたいに紹介を受ける』といったこともあります。

人手不足で困ってしまっている時は、友人などにも相談してみると思わぬところから良い人材を紹介してくれることもあるかもしれませんね。そんな時、先輩や後輩なども頼りになるかもしれません。

関係者からの紹介

特に薬局業界などでは、メーカーのMRさんや卸のMSさんなどから紹介されるということもたまにあります。

出入りが頻繁な関係者や取引先であれば、その職場の雰囲気や責任者の人間性など、ある程度の情報を把握していたりするものです。

薬局に関してはそのあたり、取引関係にある関係者はかなり敏感なもの。あまり評判の良くない店舗などは卸さんやメーカーさんの間でも噂になっていたりするものです。

そんな方たちの情報は意外と信頼性があって参考にしやすいものだったりしますので、それとなく興味のある職場に対してリサーチをかけておくというのもアリだとは思います。

そのような情報を頼りに、近隣の薬局に移られる薬剤師の方はたまに目にします。

欠員補充待ちパターン

特に大病院や製薬会社など、中途採用だとなかなか狭き門だと感じている職場ってありますよね。普通に就職活動をしていてもほとんど案件を目にすることなんてないのではないでしょうか。

もし募集がかかっていても、「逆になんで募集がかかっているの?なにか裏があるんじゃ…」と疑ってしまったりしませんか?

そんな時頼りになるのが、そこに所属している知人や友人です。「もし欠員が出た際には声をかけてね」というように事前にお願いをしておくと思わぬ形で理想の転職が実現するなんてこともあり得ます。

実際そのようなコネがあると大学病院の薬剤部にポンッと入れたりもするものなのです。実際のところ、大半がコネだったりするようなところも存在するんですよ。

転職紹介会社を紹介

転職紹介会社には『お友達紹介制度』のようなキャンペーンを実施しているところもあります。

何でも以前利用してみて印象が良かったようなものって、友人にも紹介しやすいですよね。例えば隠れ家的なレストランや電化製品などなど。

そんな感じで、紹介会社を友人に紹介することで、なんと謝礼をいただけることもあるんです。さらに友人のほうにも謝礼が送られることもあります。

双方にとってメリットのあることですから、機会があればぜひ利用してみたいものですね。

知人からの紹介 まとめ

いかがでしたか?知人からの紹介といってもたくさんのパターンがあるということがお分かりいただけたのではないでしょうか。

知人の紹介をピンポイントで狙って転職を成功させるというのは簡単なことではないかもしれませんが、数ある転職方法のなかでもこんなパターンもあるということを知っておいてもらうことで、機会があればぜひ参考にしていただけましたらと思います。

キャリアフィールド厳選!おすすめ薬剤師転職・求人サイト

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

チェック地方や地域の求人に強い

チェック利用者満足度5年連続No1

チェック薬事事情に詳しい

 

薬キャリ(エムスリー m3)

薬キャリ

チェック業界トップクラスの求人数

チェック最短即日すぐにも職場環境を変えたい

チェック転職登録希望者数No1

 

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

チェック交渉に強いコンサルタント

チェック実際に職場を訪問して情報収集

チェック日本調剤グループならではのサポートあり