薬剤師のドラッグストアへの転職

薬剤師のみなさんの中には、転職先を考える時に「ドラッグストアってどうなのかな?」と思われる方もいらしゃいますよね。

体調不良などで直接相談を受けたり、化粧品のアドバイスなど、他の職種ではなかなか経験できないような仕事ができるというのはドラッグストアの魅力のひとつでもあります。

ドラッグストアの仕事にはどのようなものがあり、どのように転職先を探せば良いのでしょうか。

オススメ薬剤師転職・求人サイト

マイナビ薬剤師

薬キャリ(エムスリー m3)

ファルマスタッフ

ファーマキャリア

リクナビ薬剤師

ヤクジョブ.com

ドラッグストアの薬剤師の仕事

医薬品・サプリメント相談、健康相談

病院に受診するほどではないけれどお腹の調子が悪い、風邪気味だという方や、健康食品やサプリメントの相談に来られる方など、薬剤師としてやりがいを感じることができるようなシーンが数多くあります。

病院から出される処方せん薬との飲み合わせなどを聞いてこられることもありますので、そのような場合は一般職や登録販売者の方では対応できません。

このように、地域の方々の健康に貢献ができるというのはドラッグストアで働く薬剤師の最大の魅力であるということができるでしょう。

店舗のマネジメント業務

ドラッグストアの社員や店長クラスになると、売上の向上対策や本部への報告業務、シフト作成、クレーム対応、万引き対策など、管理業務は多岐に渡ります。

これらのことを経験することで、売り上げなどの数値管理や人事管理など含め、総合的なマネジメント力を身に付けることも可能でしょう。

荷出し・陳列

商品の荷出し・陳列作業も必要です。先入れ先出しや整理整頓なども同時におこなう必要があり、これがかなりの重労働なのですが、キレイに陳列された通路を作り上げるのも魅力のひとつです。

ポップ作成など含めて売り場づくりというのは大変ではありますが、このような作業が好きな方にとっては毎日達成感が得られ、楽しく感じることもあるでしょう。

ただ、洗剤のぎっしり入ったオリコンを運ぶときなどは腰を痛めるレベルに重たいものです。男性スタッフが率先して行ってくれるような職場であればいいのですが、そのような環境でなければ、かなり体力は必要になってくるでしょう。

レジ打ち

時間帯によっては1~2時間の間ずっとレジ打ちなんてこともあります。特にトイレットペーパーやティッシュの特売日などは、半分以上のお客さんがそれらの特売品を持ってレジに長蛇の列で並ばれることもしばしばありますので大変です。

「薬剤師の方はほとんどレジ打ちをしなくていいですよ」と面接の時に言われることもありますが、実際の現場ではレジ打ちばかりしているということもよくありますので、そのあたりの覚悟は必要でしょう。

トイレットペーパーなどの日用品を何度もレジに通していると、「あれ?私…何してるんだろう?」と思ってしまうような薬剤師の方は少なくないようです。

どんな求人があるの?

ドラッグストアの求人は途切れることなく出ているような状況ですが、登録販売者制度の導入によって以前に比べると需要は減ってきているのが現状です。

なかには第一類医薬品や要指導医薬品などは店頭に置かずに、初めから薬剤師を配置しないような店舗展開をしているようなドラッグストアも存在します。そのような店舗では当然薬剤師の募集はありません。

ただ、やはり第一類医薬品や要指導医薬品の扱いのある店舗においては薬剤師の配置が義務化されていますし、募集は継続的に行われています。ドラッグストアの薬剤師が高収入であるというのもやはり魅力のひとつですよね。

医療費の削減、スイッチOTC薬の拡充などで、今後もまだまだドラッグストアの薬剤師の需要は継続的に続いていくでしょう。

ドラッグストアはこんな方にはお勧めできない

立ち仕事が苦手

販売業務である以上、座って仕事をすることはほとんど無いと思ってもらって良いでしょう。想像以上に立ち仕事と言うのはキツいものです。特に女性の方で、妊娠・出産を予定されているような方にとっては考えものです。

病院や調剤薬局などでは出産ギリギリまで働いているような方をよく見かけますが、ドラッグストアでは座って仕事をするような状況はなかなかありませんので、継続して働き続けるのは難しいと思ってもらっていいでしょう。

販売業が苦手

市販薬の相談や健康相談など、受け身のままで薬剤師としての実力を発揮できるというような状況ばかりではありません。大手チェーン店のなかには厳しいノルマや全国売り上げランキングの発表など、販売力が求められるようなところもあります。

そして、それが評価に直結するような場合もあるのです。もちろん売り上げを伸ばさないと企業としては成り立ちませんからね。

お客さんに積極的に声掛けをし、ひとつでも多くの商品を販売するという気持ちを持ちながら働かないと、簡単には務まらない仕事とも言えるでしょう。

不規則な変則シフトは避けたい

開店時間が10:00~22:00などのドラッグストアをよく見かけられると思いますが、その中でのシフト制を採用している会社が多く、生活はかなり不規則になってしまうことが多いようです。

閉店後の事務作業なども含めると、家に帰るのが翌日になってしまうというような店舗も存在します。

また、ドラッグストアには学生のアルバイトから主婦のパートの方など幅広い層の方たちが働いています。スタッフのシフト状況によっては開店前から閉店後まで続けて働かなければならないような状況も考えられます。

子育て中の方や、ご自身の生活は崩したくないという方にとっては不向きであると言わざるを得ないでしょう。

また、日曜・祝日は休みたいという希望のある方にとっても不向きであると言えます。ドラッグストアでは、ゴールデンウィークや年末年始にまとまったお休みを取ることができるということもまずありません。

ドラッグストアへの薬剤師の転職について まとめ

ドラッグストアの転職に関するお話をさせていただきましたがいかがでしたでしょうか。

向き不向きがある上に、かなりの重労働であるということがおわかりいただけたのではないでしょうか。

ただ、高収入を目指すことができるというのも魅力的ではあり、総合的なマネジメント力を養うことができるという魅力もあります。

ぜひ今回の記事を参考にしていただいたうえで転職先を検討していただければと思います。

オススメ薬剤師転職・求人サイト

マイナビ薬剤師

薬キャリ(エムスリー m3)

ファルマスタッフ

ファーマキャリア

リクナビ薬剤師

ヤクジョブ.com