企業への薬剤師の転職について

企業への転職をお考えの方はどのような仕事があり、どのように転職先を選べばいいか迷うことはありませんか?

ここでは企業で働く薬剤師にはどのような仕事があり、どのように転職先を探せばいいのかということについてお話しさせていただければと思います。

オススメ薬剤師転職・求人サイト

マイナビ薬剤師

薬キャリ(エムスリー m3)

ファルマスタッフ

ファーマキャリア

リクナビ薬剤師

ヤクジョブ.com

企業薬剤師の仕事

製薬会社のMR・研究職

言わずと知れた製薬会社の営業職、研究開発職です。みなさんが薬学部在籍中に、一度は就職を検討されたこともあるのではないでしょうか。

MRに関しては、主に病院や調剤薬局などに自社の商品を販売するための営業活動を行います。ただし、薬剤師ではない文系出身のコミュニケーション能力の高い方などもその職に就くことができ、さらに新卒や経験者を採用する文化が根強いため、他職種からの転職は困難であると言わざるを得ません。

また、研究開発職に関しては新薬の開発に携わることができるという魅力はありますが、MRと同様に、病院や調剤薬局、ドラッグストアなどからの転職はほぼ不可能と言ってもいいでしょう。

CRC・CRA

CRC(治験コーディネーター)とは新薬の治験を行う際に患者さんに直接治験内容を説明し、スムーズに治験を行ってもらうことができるようにサポートする役割を担います。

この職種に就くには、必ずしも薬剤師である必要はなく、看護師や臨床検査技師などの方が担っている場合もあります。

また求められる能力としては、医学的・薬学的な知識はもちろんのこと、コミュニケーション能力や治験内容の速やかな理解・把握、文書作成能力や薬事関連法規に関する知識、倫理観など様々なものを必要とします。

また、CRA(臨床開発モニター)とは、ひと言で表現するならば治験業務における総合管理職です。

具体的には、治験を行う医療機関や医師の選定から契約、治験が円滑に行われているかのモニタリング、治験終了後の評価や医薬品販売に至るまでの申請など、その業務は非常に多岐に渡ります。

また、各局面で必要になってくるのはなんといっても高いコミュニケーション能力です。

これらの能力を兼ね備えたうえで、トータルコーディネートができるような方が適した職種だと言うことができるでしょう。

企業内管理薬剤師

医薬品を扱う企業は薬剤師を配置することが法律で義務付けられていますので、そのような企業で管理薬剤師として勤務することも可能です。

ただ、調剤薬局などの管理薬剤師とは仕事内容が大きく異なります。

DI業務や医薬品の期限や品質などの在庫管理、行政対応など、実に幅広い仕事内容があります。

しかしながら求められる業務内容に関しては企業ごとにそれぞれかなり異なっており、必ずしも希望通りの仕事内容であるかは実際に企業ごとに見ていかないとわからないようです。

ただし、調剤薬局や病院、ドラッグストアなどとは違い、大型連休が非常に取りやすいことが特徴であり、年間休日も多い場合がほとんどです。

企業薬剤師の求人

企業の求人自体は調剤薬局などに比べると少ないと言わざるを得ません。

製薬会社のMRや研究職は狭き門であり、未経験者を採用するような企業はほとんどないと考えてもらっていいでしょう。

また、CRCやCRAなどにおいては経験者が優遇される場合が多く、薬剤師の資格を持っているだけで有利になるといったことは少ないようです。

ただし、もちろん薬剤師として臨床の場で活躍しているような方は優遇される面はありますので、興味のある方は検討してみても良いのではないでしょうか。

一方、企業内管理薬剤師に関しては、特別な経験がなくても採用を行っている場合もあります。中には主婦の方が時短で勤務しているような企業も存在します。

求人サイトなどで検索をしてみると、募集がかかっていることもありますので、興味のある方は相談してみると良いでしょう。ほとんどの企業が年間休日は充実しており、残業も少ない場合が多いので、ワークライフバランスを考えた時には魅力的な職場と言うことができるのではないでしょうか。

企業への転職はこんな人には向いていない

プレゼン、営業が苦手

病院やドラッグストア、調剤薬局と比べると、企業は少し働き方が違います。職種にもよりますが、時に多職種の方に向けたプレゼンテーション能力を求められたり、営業力が求められたりもします。

「プレゼンや営業活動なんてとんでもない!」と感じてしまうような方には不向きな場合が多いかもしれません。

ただし、なかには企業内管理薬剤師などで、ただDI業務だけをしていれば良いというような職場もあります。年間休日の多さなどはやはり魅力的ですし、「どうしても企業で働きたい!」という方は一度どのような業務内容なのか企業ごとに調べてみてもいいかもしれませんね。

直接患者さんと接したいという人には不向き

企業薬剤師は基本的にデスクワークや医療関係者などとの仕事がメインになることがほとんどですので、治験に関わる仕事以外では臨床の場で直接患者さんと接する機会はほとんど無いと言っていいでしょう。

間接的に医療に貢献はできても、やはり直接患者さんの顔を見ながら仕事がしたいと考えるような方にとっては不向きであると言えます。

書類の作成や医薬品情報をまとめるのが苦手

例えば企業内管理薬剤師などでは、行政的な対応を求められることもあります。許認可申請のための書類作成や提出などの業務も行う必要が出てきます。

また、DI業務においては医薬品の情報を収集し、わかりやすく資料をまとめたりプレゼンをする必要も出てくるでしょう。

CRCやCRAに関しても同様に情報の整理や文章をまとめる能力などは必須になります。このような作業が苦手だという方にとっては企業薬剤師は向いていないと言えるでしょう。

企業への薬剤師の転職について まとめ

薬剤師が企業への転職を希望した際に、どのような職種があるのかということについてお話してきましたがいかがでしたでしょうか。

薬剤師としての知識や経験を生かすことができる場合もあれば、営業力やプレゼンテーション能力が必要になる場合もあるということがおわかりいただけたのではないでしょうか。

転職を検討されるうえで、今回の記事を少しでも参考にしていただくことができましたら幸いです。

オススメ薬剤師転職・求人サイト

マイナビ薬剤師

薬キャリ(エムスリー m3)

ファルマスタッフ

ファーマキャリア

リクナビ薬剤師

ヤクジョブ.com