調剤薬局への転職をお考えの方は、どのように転職先を選べばいいか迷ってしまということはありませんか?

調剤薬局と言っても様々な規模の薬局が存在し、ご自身に適した薬局を選択していただくことが重要です。

今回は調剤薬局の仕事内容や求人についてお話ししていきたいと思います。

調剤薬局薬剤師の仕事

調剤業務全般

医師からの処方せんをもとに調剤をし、患者さんにお渡しするという流れが最も基本的なものになります。

ただ調剤をするというだけではなく、その方の持っているアレルギーや疾患、併用されている市販薬や健康食品、サプリメントなどとの飲み合わせなども確認したうえでお渡しする必要があります。

一歩間違えると重大な健康被害に発展してしまう可能性もあるため、非常に重要な役割を担っているのです。

特に駅前の薬局などでは様々な医療機関の処方せんを扱うことになり、幅広い病気に対する知識や、医薬品等に関する知識が必要になります。

また、患者さんから併用薬やアレルギーなどの情報を聞き出すためのコミュニケーション能力も必要であり、その仕事内容は実に多岐に渡ります。

施設調剤、在宅業務

特別養護老人ホームや有料老人ホームなどの施設調剤、来局が困難な方に対して自宅まで薬をお届けし、適切な薬剤管理や服薬ができるように支援するための居宅療養管理指導などの、いわゆる施設・在宅業務も大切な仕事のひとつです。

最近では医師の往診に同行するような薬局も増えてきており、医師から直接相談を受けたり、薬剤師が処方提案をするような場面もみられるようになってきました。

また、国の政策として『病院から在宅へ』という流れが今後も加速していくことが考えられます。

そのような観点からも、より活躍の場は増えていくのではないかと思われます。

地域の健康拠点としての役割

今後、調剤薬局は『処方せんをもとに調剤をする』というだけでは生き残れないような時代がやってくると言われています。

処方せんがなくても気軽に来局し、健康相談を受けたりアドバイスをもらったりするような役割も求められており、地域に住まれている方の様々な相談に対応するために、管理栄養士を調剤薬局に配置したり、OTCや健康食品に力を入れる調剤薬局も増えてきました。

これらの知識や整備も今後ますます必要になってくるでしょう。

新たな試みとして『健康サポート薬局』の指定を受け、今よりももっと地域医療に貢献しようと考えているような薬局も少しずつ増えてきています。

調剤薬局の求人について

調剤薬局の求人はまだまだ売り手市場と言われており、転職を希望する際はある程度、希望通りの職場を選ぶことができるでしょう。

薬局の規模も1人薬剤師の店舗や10人以上の薬剤師が在籍する大型店舗など、実に様々な形態があります。

年収帯は人の集まりやすい都心部よりも、やや地方と言われる地域の方が高い傾向にあります。

調剤薬局への転職を検討されている方は、いろんな職場を比較しながら転職先を検討していただくことができるような状況にあると言えるでしょう。

ただし、いずれは訪れると言われている薬剤師飽和時代。

今のうちに調剤薬局薬剤師としての働き方を身に付けておき、淘汰されてしまうことの無いように気を付けておく必要があるのではないかと思います。

調剤薬局はこんな方には向いていない

協調性がない方や営業職が慣れてしまっているような方

調剤薬局は、基本的に少人数で毎日狭い空間で仕事をするような職場です。大型店舗と言われるような職場であってもせいぜい10人前後か、20人以下である場合がほとんどです。

また、在宅業務はあったとしても、営業職のように外回りの仕事が多いわけではありません。

このような職場で最も大切になってくるのが『協調性』です。「自分はこうしたい」「この人の言ってることはおかしい」「人の意見を聞くのが嫌い」といったこだわりが強いようなタイプの方は、調剤薬局は向いていない可能性があります。

特に調剤薬局は医療事務の方も含めて女性が多いものです。誤解を恐れずにお話しさせていただくとすれば、態度によって一瞬で多くの方を敵に回してしまい兼ねません。

今まで営業職が中心で、あまり女性社会で働いてこなかったという方や、外回り中心で自分のペースで働いてきたという方にとっては、想像以上に『逃げ場がない』と感じてしまうかもしれません。

また、あまりにこだわりが強く、協調性の無いような方であると、居場所がなくなって退職せざるを得ないような状況がいとも簡単に起こってきますので、注意が必要であると言えるでしょう。

患者さんに寄り添った対応ができない

薬剤師はただ薬の知識を持ってその知識をお伝えすれば良いというほど単純な仕事ではありません。

患者さんにはそれぞれ個別の生活があり、様々な思いがあります。そのような状況に寄り添ったうえで、一人ひとり適切なアドバイスができるような柔軟性や倫理感を持ち合わせていないと、頼りにされるような薬剤師にはなれません。

また患者さんだけではなく、ご家族や介護されている方など、いわゆる患者さんの周辺の方に対する思いやりの心まで持ち合わせながら仕事をしないと、信頼されるような薬剤師にはなれないでしょう。

このように、人に対して気配りや思いやりの心をもった方が向いている職種であると言うことができますので、そのような気持ちで働くことが難しいという方にとっては不向きであると言うことができるでしょう。

調剤薬局への薬剤師の転職について まとめ

調剤薬局の薬剤師についてお話してきましたがいかがでしたでしょうか。

薬剤師としての幅広い知識はもちろんのこと、人を思いやる心や倫理感も持ち合わせていないと簡単には務まる仕事ではないと言うことがおわかりいただけたのではないでしょうか。

転職活動をされるうえでぜひ参考にしていただくことができましたら幸いです。