人口10万人に対して薬剤師数が約350人となる東京都は全国でも薬剤師の総数が最多を誇る地域です。求人も薬剤師転職サイトを中心に数万にも上り、他の地域と比較しても転職しやすいことで知られています。
東京都で働くことを希望する薬剤師は多いため、好条件の求人には応募が集中します。こうした競争を勝ち抜くには薬剤師の転職支援サービスを利用するなど工夫が必要となるでしょう。
求人数に恵まれる東京都ですが、それゆえ年収が低くなる傾向もあるため、転職には細心の注意が必要です。ここでは東京都内における薬剤師求人や給与、地域差などの傾向、そしておすすめとなる転職サイトの特徴などについてご紹介します。

東京都での薬剤師の求人傾向について

薬剤師の数と求人に溢れた競争の激しい東京都
東京都の求人数は5万とも6万とも言われ、日本で最多を誇ります。その分、薬剤師の数も多いため好条件な求人の競争率は高く、希望する求人を見つけるためには薬剤師転職サイトのような支援サービスを利用が必要となるでしょう。
都心部23区では求人数が多く、転職を希望する薬剤師の人気も高い傾向です。町田市や八王子のような地方部では都心部に比べて求人数は減りますが、年収額は500万円を超え、中には600万円の求人も見られます。
病院、調剤薬局、ドラッグストアと薬剤師の職場に溢れる東京では、製薬会社に勤める薬剤師が全体の3割近くにも上ります。そのため、製薬会社や医薬品関連の企業への転職を希望する場合は、東京が最適と言えます。

東京都での薬剤師の平均給料/年収・月収について

都心部の平均年収は低く地方部に高額年収求人が集まる
東京都心部の平均年収は調剤薬局だと400万円から500万円となっている場合が多く、区によっては550万円や600万円と幅が広いケースもあります。

病院は400万円が相場ですが、勤務年数や経験によっては年収600万円となることも。ドラッグストアは500万円程度となっています。
都心部はやや薬剤師の過剰供給状態となっていることから求人が埋まってしまいやすく、また平均年収が低いのもこれが理由となっているようです。
都心部を離れたあきる野市や国分寺市、国立市などでは調剤薬局の平均年収が500万円から550万円、中には600万円の求人も存在しており、都心部よりも高額であることが分かります。

病院やドラッグストアの場合は400万円から500万円が相場となっています。

東京都での薬剤師の今後について

薬剤師の希望する転職先として人気を誇るも高い競争率が続く見込み

東京都で働く薬剤師の平均年収はおよそ500万円となっており、全国平均よりも50万円ほど低くなっています。その理由は、東京都に薬剤師が集中しやすいことが挙げられます。
東京には薬学部を持つ大学が多く、毎年多くの新卒薬剤師が都内の調剤薬局やドラッグストア、病院、製薬会社へ就職するため、必然的に競争率が高い状況です。

しかし、依然として東京都の薬剤師求人は多いため、転職がしやすい点においては間違いないと言えるでしょう。

東京都での薬剤師のおすすめの転職サイトについて

非公開求人が多く条件交渉できるコンサルタントがいる転職サイトが最適!
都心部には求人が集中していることから一見、転職しやすいようにも思えますが、東京都を勤務先に選ぶ薬剤師が多いため競争が起こるため容易ではありません。

東京都は全体的に競争率が高めとなっているので、高額年収を狙って地方部を希望する場合も注意が必要です。
高額年収の狙い目は地方部の調剤薬局・ドラッグストアとなっており、こうした好条件の求人を見つける場合は薬剤師転職サイトを利用すると便利です。
転職サイトでは非公開求人情報や専任コンサルタントのサポートが提供されているため、個人で計画するよりも少ない負担でより確実に転職活動を進めることができます。
また、複数の転職サイトに登録することで閲覧できる求人数も増えるため、より好条件な求人を見つけやすくなる点もメリットです。

東京都での薬剤師の転職・求人について まとめ

求人数が最も多く集まる東京都は薬剤師からの人気も高く、競争率は低くないものの転職しやすい地域とされています。都心では平均年収も最低で約400万円ほどとなっており、600万円以上ともなると23区外の地方部を狙うことになります。
条件が良い求人には人も集まり、競争率も高くなります。理想の求人を見つけ、転職を成功させるためには、1人で活動するよりも薬剤師転職サイトでのサポートを受けた方が成功率が高くなります。
専任コンサルタントが年収交渉や面接対策を支援してくれるため、転職者にかかる負担も軽くなるなどメリットに富んでいます。

東京都のおすすめ転職・求人サイト

非公開求人が多く条件交渉できるコンサルタントがいる転職サイトが最適!

都心部には求人が集中していることから一見、転職しやすいようにも思えますが、東京都を勤務先に選ぶ薬剤師が多いため競争が起こるため容易ではありません。

東京都は全体的に競争率が高めとなっているので、高額年収を狙って地方部を希望する場合も注意が必要です。高額年収の狙い目は地方部の調剤薬局・ドラッグストアとなっており、こうした好条件の求人を見つける場合は薬剤師転職サイトを利用すると便利です。

転職サイトでは非公開求人情報や専任コンサルタントのサポートが提供されているため、個人で計画するよりも少ない負担でより確実に転職活動を進めることができます。

また、複数の転職サイトに登録することで閲覧できる求人数も増えるため、より好条件な求人を見つけやすくなる点もメリットです。

引用:(1)内閣府、高齢化の状況
【出典】 『厚生労働省』医師・歯科医師・薬剤師調査の概況、平成26年(2014年)年度年次推移調べ 『平均年収.Jp』平成27年度人事院統計表、都道府県平均年収・薬剤師年収調べ