全国的に大都市以外の薬剤師不足が問題になっている中、非常に高い水準で薬剤師を保有している 四国地方。周囲を海に囲まれ、独自のラインがしっかりしている状態なのが安定を維持する原動力に なっているようです。

では四国地方の中でも徳島県はどんな転職事情なのでしょうか。

よい人材を確保するために多くの企業がいろいろな策を練る中、自分はどんな企業に魅力を感じるのか。 年齢に左右されることなく一生続けていける薬剤師の仕事は、引っ越しやUターン・Iターン転職に も有利に働きます。

初めて徳島県で働こうと考えている人も、徳島県のメリット・デメリットを活か して上手に転職活動を進めていけるように、詳しく対策を練っていくことが肝心です。

徳島県内での薬剤師の人数

徳島県の人口10万人あたりの薬剤師の数薬剤師とひとことでいっても、その働き先はさまざまな種類に分かれています。 大きく分類すると、薬局や病院・診療所といった医療施設、そして大学、研究所などの研究機関です。

その中でも薬局で働く薬剤師の数は161,198人と薬剤師の雇用先の中では最も多く、次点に続く 医療施設勤務の薬剤師の数は54,879人で薬局勤務の約3分の1。この人数からも、薬局での雇用人数 が薬剤師業界の中でどれだけ膨大な雇用数を占めているのかが分かります。

では、四国地方の中でも徳島県内での薬剤師人口はどれくらいいるものなのでしょう? 全国の総薬剤師数は288,151人。そのうち徳島県内の薬剤師数は2,598人(2014年調べ)。 人数だけ言われても多いのか少ないのか、これだけではよくわかりませんよね。

都道府県別にみる薬剤師数で見てみると、やはり東京都の46,343人という数字がダントツのトップに 君臨しているのですが、これを人口10万人あたりの薬剤師数に換算したランキングに置き換えると、 なんと47都道府県中第1位になる徳島県。

薬局・医療施設に従事する人の数は全国の平均値が170.0人なのに対して、驚くべきことに徳島県では 210.9人!平均を大きく上回る数の薬剤師が徳島県内にいることになるんです。

ランキングでは最下位に なってしまっている沖縄県では131.0人という数字が出ているので、その数字の差がどれだけ 大きいかがお分かりいただけると思います。

徳島県内で仕事を探すメリットって?

なぜ徳島県には平均を大きく上回る薬剤師数が集まっているのでしょう?まず医療制度や医療施設がしっかりしていて、そのうえ補助金が充実がしているということ。これが 1番のようです。

隣の県である香川県も薬剤師従事数が多く(第7位)、そして淡路島を結んだ対岸の兵庫県も第3位 という高水準の薬剤師数を誇っていることから、医療系の太いラインが出来上がっていることが分かります。

収入面に関して見てみると、徳島県内における総人口の平均年収は約405万円ですが、薬剤師だけに 特化すると平均年収は約590万円という数字が出ています。やはり薬剤師の年収は一般年収をかなり 上回るんですね。薬剤師の給与はほかの企業と同じで20代が1番安く、勤務を続ければ続けるほど上がっていくという 年功序列制度を取られているところが多いです。

ただやはり転職するなら金銭面は大事、と考えている人も多いでしょう。その場合は薬局勤務というよりも、製薬会社や研究所といった大きな施設への転職も視野に入れたほうがいいかと思います。

薬局や診療所で 職に就くよりもより高度な知識や研究が必要になってくる分、やはり研究所での勤務は高収入が伴ってきます。そして大病院などでの勤務も役職が上がるにつれ、やはり高収入が期待できるようになるでしょう。

そうではなく、金銭面よりも勤務時間に融通が利くほうがいい場合や立地、対人関係に重きを置きたい という方は、やはり薬局やドラッグストアでの勤務を中心に選んだほうがいいかと思います。

ちょっと隣に目を向けてみることも・・・

クリップボードを持つ笑顔の女性よいことばかりのような徳島県内での転職。けれど、徳島県のように薬剤師の人数が多い県の場合、 1つの求人に対して何人もの応募が集中してしまい倍率が高くなってしまう傾向が見られます。

もし同じような条件の案件で何度か受けてみてもいい結果が得られないような場合は、周囲の県に視野を広げてみることをオススメします。県が変われば、求人倍率や給与面、転職にまつわる 環境も変わってくるもの。

同じ四国内でも構いませんが、奈良県や和歌山県といった関西圏や中国地方での転職を狙ってみるのもいいかもしれません。もしかしたら気になる求人案件が見つかって、 転職成功への道がスムーズに開けるかもしれませんよ。