栃木県の薬剤師転職・求人情報

栃木県では人口10万人に対して薬剤師が160人程度となっており、薬剤師が不足している状況です。転職で特に人気とされている地域は宇都宮や足利市となっており、東京のベッドタウンとして開発が進む埼玉県に近い地域ほど人気が高くなっていく傾向にあります。

慢性的な薬剤師不足から高額年収や各種手当の付いた好条件な求人が集まりますが、栃木県内には2006年に国際医療福祉大学薬学部の卒業生が薬剤師の就職していることもあり、薬剤師の需給状況にも少しずつ変化が生じつつあります。

ここでは栃木県内における薬剤師求人や給与、地域差などの傾向、そしておすすめとなる転職サイトの特徴などについてご紹介します。

栃木県での薬剤師の求人傾向について

需要が増えたことにより好条件の求人が増加傾向
関東エリアでは薬剤師不足が続いていますが、栃木でも群馬に次いで薬剤師が少ない地域となっています。栃木県内には薬剤師の勤務地が多く、製薬会社が1割強となっているものの、薬局数や病院数は関東エリア内では平均的な数です。

薬剤師に対して病院や調剤薬局ドラッグストアなどの数が多いため、求人数も増加傾向になるなど、転職しやすい状況と言えるようです。

また、栃木県の求人は高年収の求人が多いことが知られています。その理由は県内に薬学部が一校しかなくことと、地方都市であることから県内の薬剤師が大都市圏に流れてしまうといった点が挙げられます。

これにより栃木県内の薬局やドラッグストアでは、高年収な求人でなければ薬剤師が集まらない状況となっているようです。

栃木県での平均給料/年収・月収について

平均年収は600万円!年収面で恵まれた栃木県薬剤師
宇都宮市のような都市部では薬剤師のニーズが高いこともあり、地方部と比べて求人数は多い傾向にあります。宇都宮市内にある病院の年収例をあげると450万円から500万円ほどとなっていることからもわかる通り、求人数が多い分、年収は低いといった特徴が見られます。

さくら市や日光市など、地方部の調剤薬局では600万円から700万円と、都市部に比べて高い年収を誇っていることが確認できます。その分、都市部に比べて求人数が少なくなる、または通勤時間が長くなるなどデメリットも存在するため、栃木県内に転職する際には事前に職場環境などについてしっかりと調べておくなど、失敗に備えておくことが大切です。

栃木県での薬剤師の今後について

進む高齢化に伴って薬剤師活躍の場が増える
今後、薬剤師が進む高齢化社会の中で働き続けるためには、在宅医療や患者が安心できるコミュニケーションといった技術が求められます。

在宅医療では薬剤師による患者に寄り添った接し方や健康相談・情報提供といったケアができるようになっておくべきとされています。そのため、普段からの自己研さんはもちろん、緩和ケアが得意な病院薬局や調剤薬局で経験を積むといったキャリアアップが必要となるでしょう。

また、地域医療の現場においてとくに重要視されているコミュニケーションに至っては患者の心と体のケアに欠かせない重要な技術とされているため、将来的にこうしたケアができる薬剤師のニーズが高まることでしょう。

栃木県での薬剤師のおすすめの転職サイトについて

職場について詳しいコンサルタントのいる転職サイトを選ぶ
全国的に見て高い年収が期待できる栃木県に転職する場合は、求人数だけでなくコンサルタントと直にやり取りできる薬剤師転職サイトを選ぶと良いでしょう。

選ぶポイントとしては、非公開求人が多く掲載されていることや、コンサルタントによる職場の様子や勤務地の環境、そして面接対策といったサポートが受けられるかどうかです。

こうした転職サイトを2つ以上探し、複数登録するようにしましょう。その後はコンサルタント指導の下、集めた求人情報から納得できる勤務先を選ぶためとことん相談することが大切です。

栃木県の薬学部を持つ大学の卒業者が県内の病院や調剤薬局、ドラッグストアに就職することで需給のバランスが変わりつつあるものの、現状は未だ薬剤師が不足しています。また、県内には薬剤師の勤務地が多いことからも栃木県は薬剤師が転職しやすい地域と言えるでしょう。

平均年収も600万円近くを記録するなど、全国でも年収に恵まれた地域として知られています。調剤薬局の中には700万円を提示することもあり、こうした好条件の求人を見つけられるか否かが転職の成功に関わると言っても過言ではないでしょう。

薬剤師転職サイトでは非公開求人を閲覧でき、専任のコンサルタントが転職活動をサポートしてくれるなど、多くのメリットに富んでいます。1人の転職活動に不安を抱いている方やより良い条件で転職したいと考えている方には転職サイトの複数登録がおすすめです。

栃木県のおすすめ薬剤師転職・求人サイト

職場について詳しいコンサルタントのいる転職サイトを選ぶ

全国的に見て高い年収が期待できる栃木県に転職する場合は、求人数だけでなくコンサルタントと直にやり取りできる薬剤師転職サイトを選ぶと良いでしょう。

選ぶポイントとしては、非公開求人が多く掲載されていることや、コンサルタントによる職場の様子や勤務地の環境、そして面接対策といったサポートが受けられるかどうかです。

こうした転職サイトを2つ以上探し、複数登録するようにしましょう。その後はコンサルタント指導の下、集めた求人情報から納得できる勤務先を選ぶためとことん相談することが大切です。

栃木県の薬学部を持つ大学の卒業者が県内の病院や調剤薬局、ドラッグストアに就職することで需給のバランスが変わりつつあるものの、現状は未だ薬剤師が不足しています。また、県内には薬剤師の勤務地が多いことからも栃木県は薬剤師が転職しやすい地域と言えるでしょう。

平均年収も600万円近くを記録するなど、全国でも年収に恵まれた地域として知られています。調剤薬局の中には700万円を提示することもあり、こうした好条件の求人を見つけられるか否かが転職の成功に関わると言っても過言ではないでしょう。

薬剤師転職サイトでは非公開求人を閲覧でき、専任のコンサルタントが転職活動をサポートしてくれるなど、多くのメリットに富んでいます。1人の転職活動に不安を抱いている方やより良い条件で転職したいと考えている方には転職サイトの複数登録がおすすめです。

おすすめ薬剤師転職・求人サイト

マイナビ薬剤師

薬キャリ(エムスリー m3)

ファルマスタッフ

ファーマキャリア

リクナビ薬剤師

ヤクジョブ.com