首都圏や主要都市、そしてこれを除く他の県で薬剤師の数の大幅な格差が日本国内で問題になっています。関西地方でもこの格差はかなり如実で、大阪府・兵庫県とその他の県で完全に薬剤師数はラインが引かれてしまっている状態です。

では関西地方の中でも滋賀県ではどうなのでしょうか。

やはり滋賀県も人材不足がかなり深刻な状態になっています。老若男女問わず続けられる薬剤師の仕事は、引っ越しやUターン・Iターン転職にも有利に働きます。

初めて滋賀県で働こうと考えている人も、滋賀県のメリット・デメリットを活かして上手に転職活動を進めていけるように、詳しく対策を練っていくことが肝心です。

 

滋賀県内での薬剤師の人数について

滋賀県 人口10万人あたりの薬剤師の数現在、日本国内で薬剤師の登録をしている延べ人口は288,151人。(2014年12月時点)

その中でも薬局で働く薬剤師の数は161,198人と薬剤師の雇用先の中では最も多く、次点に続く医療施設勤務の薬剤師の数は54,879人で薬局勤務の約3分の1。この人数から、薬剤師業界の中で薬局で働く人がどれだけ膨大な数を占めているのかが分かるかと思います。

では、関西地方の中でも滋賀県内での薬剤師人口はどれくらいいるものなのでしょうか?

全国の総薬剤師数は先述の通り288,151人。そのうち滋賀県内の薬剤師数は2,936人です。多いのか少ないのか、いまひとつよくわかりませんね。

薬剤師数ランキングが47都道府県中第29位

人口10万人あたりの薬剤師数ランキングが47都道府県中第29位という滋賀県。薬局・医療施設に従事する人の数は全国の平均値が170.0人なのに対して、滋賀県では158.0人。

平均よりも12人も少ないという結果が出ています!これはどんなことが影響しているのでしょうか。

同じ関西地方でも存在する大きな格差

平均値を下回り人材不足が嘆かれている滋賀県をよそに、関西地方の中でも薬剤師数が飽和状態になっている地方が存在します。兵庫県と大阪府です。

同じランキングを見てみても、兵庫県は第3位で198.2人、大阪府は10位で178.7人とどちらも平均値を大きく上回っています!

多くの人口が集まる大都市には、大きな企業や大病院が集まり巨大なマーケット市場ができやすい体系が整っています。企業が多い分、求人も多く存在し、転職を考えている人にはやりやすいのもやはり大都市の魅力になります。

そのうえ交通網も発達しているので他県から通うのもそんなに苦痛にならないでしょうし、メジャーな職場で働いてみたいという気持ちや、主要都市で働きたいという若い人や転職者たちが自然とそんな大都市に集まってしまうのは自然の流れなのかもしれません。

けれども、いいことばかりのように見える大都市もデメリットが存在します。大幅に増え続ける薬剤師、つまり薬剤師数の飽和状態に突入しているという問題です。そうすると、いい企業見つかっても倍率が高く、なかなか職に就けないという負のスパイラルが完成してしまいます。

滋賀県での転職メリットとは?

大都市に人材が流れてしまうというデメリットと大都市ならではのデメリットの両方がなんとなくお分かりいただけたのではないかと思いますが、もちろん、滋賀県には滋賀県の転職メリットが存在します。

まず1番に挙げられるのは、薬剤師数が不足している状態なわけですから高倍率でライバルが多すぎる!なんてジレンマはかなり軽減できる転職活動を行えるでしょう。これはかなり有益なお話なのではないでしょうか。

そしてもう1つ。人材が集まらないことから、高額給与やなにかしらの好条件を提示している企業が少なからず存在する、という点もかなりの魅力にあたります。

同じような条件を並べても、なかなか人は集まりません。そこで人を集めるために企業や施設は他よりも高額の給与を提示したり、家賃のほう助や特典といった好条件を用意してなんとしてでも人を集めようとします。

滋賀県内の総人口の平均年収は484.0万円、というデータが出ています。(2015年調べ) これを薬剤師に特化した平均年収で見てみると590.0万円。なんと100万円近く上回っています。

そうなんです、まさに滋賀県での薬剤師収入が高額になる理由がここに判明されるわけです。やはり転職するからには金銭面、という方は薬局勤務よりも専門知識が必要になる研究所や大学病院への転職を視野に入れたほうがいいかもしれません。

確実にこれよりも高額の給与が見込まれることでしょう。金銭面よりも通勤時間や勤務時間に融通が利くほうがいい、人間関係を大事にしたい、そんな場合は薬局や診療所などでの勤務のほうが向いているのかもしれません。