埼玉県は、他県とは比較できないほど個性に富んだ人々が多いというのも地域柄といえます。結構ベテランさんが奥地で着実に業務に励んでいたり、若い薬剤師の方も将来性を見据えて謙虚に業務を行っていたりするようです。

学生時代に薬剤師資格を取得して社会へ羽ばたく人が多く、一種の薬剤師業界への就職の前提条件となっています。個人情報はパソコンデータで管理されることが多く、パソコンスキルも必要条件となっています。

埼玉県の薬剤師業は、厳密化されているだけでなく、主に病院機関の専門性に応じて、各薬局で所持している薬剤も異なっているというのがほとんどのようです。

埼玉県での薬剤師の求人傾向について

埼玉県は資格に厳格化

薬剤師の人数を行政主導で増加させつつあります。もう喫緊課題として迫っている長寿命社会へ対応すべく、全国自治体ではトップ10にランクインする13,417人の薬剤師数で埼玉県は推移しています(2010年統計データより)。

レベル争いは激しい現状のようですね。求人内容の傾向としては、埼玉県は地場力も強い地域のため、情報を正しく収集することが重要となってきます。

インターネットから応募して、電話確認や、社会的認知度、訪問などを繰り返して、信頼できるところを選んでいきましょう。
求人条件の傾向としては、県中心部に近くなれば近くなるほど、条件も良くなり、仕事の幅が広がってくる。なお、県立病院か〇〇会といった個人病院かでも大きく差が生じています。5年後・10年後の自分を楽しみながら想い描んでいきましょう。
埼玉県では全国上位を誇る豊富な求人数
関東エリアにおいて東京都や神奈川に続いて、求人を探しやすいのが埼玉県です。薬剤師転職サイトでも多くの求人が掲載されており、職場探しに苦労することは少ないと言えるでしょう。

全国平均と比べても製薬会社に勤める薬剤師が多いものの、病院や調剤薬局で働く薬剤師もそれほど少なくはありません。そのため、病院や調剤薬局、ドラッグストアなどほかの地域よりも勤務先の種類に恵まれ、選択肢も多くなっています。

埼玉県では増える求人数に対して薬剤師が足りておらず、川越市や川口市、所沢市などでは病院や診療所の薬剤師不足が特に目立つ状況です。こうした理由から、転職を考えている薬剤師の方にとっては狙い目と言える地域です。

埼玉県での薬剤師の平均給料/年収・月収について

求人数が多いものの薬学生が多いことから年収は低い傾向
求人数の多さや、恵まれた職種で転職の狙い目とも言える埼玉県ですが、県内に薬学部を持つ大学が存在することなどを理由に年収が低い傾向にあると言えます。埼玉県で働く薬剤師の平均年収はおよそ500万円と、全国平均から見ても50万円ほど低くなっています。

埼玉県の地域別平均年収を見てみると、浦和区や大宮区での調剤薬局では500万円から600万円、病院では400万円から450万円ほど、そしてドラッグストアの場合は350万円から400万円程度となっており、調剤薬局の中には700万円や800万円といった高額年収を提示しているところもあるようです。

続いて川越市や所沢市の調剤薬局では500万円弱、病院はおよそ450万円、そしてドラッグストアでは450万円から500万円程度と幅を見せています。さいたま市と同じく、調剤薬局の中には700万円以上の年収を記録する求人も確認されています。

埼玉県での薬剤師の今後について

高齢化に伴う在宅医療やセルフメディケーションの知識に長けた薬剤師が求められる
埼玉県内の薬剤師数が不足していることから、今後も埼玉県での薬剤師ニーズは高まっていくことが予想されています。高齢化やセルフメディケーションの推進といった背景から薬剤師に求められる役割も増え、広くなる仕事の幅にどれだけ対応できるかが、今後の年収やキャリアアップにも大きな影響を与えると言えます。

これからの薬剤師が身につけておくべきことは、近い将来本格化すると思われる在宅医療に関する知識や、業務の基本ともなるコミュニケーション能力です。在宅医療で医師と連携し、患者の心身のケアができること、これが薬剤師に必須のスキルとなることは間違いありません。

埼玉県のおすすめ転職・求人サイト

納得がいくまで相談できる薬剤師転職サイトがおすすめ
全国的に見ても病院・調剤薬局・ドラッグストアと転職のチャンスに恵まれた埼玉県ですが、その中から高額年収の求人を見つけるとなると、少しコツが必要となります。

さいたま市のような都市部は求人数に恵まれるものの、高額年収の求人は集まりにくい傾向があります。対して川口市のような地方部では求人数は劣るものの、年収が600万円以上の調剤薬局やドラッグストアといった高額年収の求人が集まりやすいことが確認されています。

そのため、埼玉県で高額年収の求人を探す時は地方部に絞り、その中から調剤薬局・ドラッグストアの求人を集中して探すことが重要です。

薬剤師転職サイトに複数登録して多くの求人情報を比較・検討し、コンサルタントを通じて年収や雇用条件の交渉を依頼することで成功率もグンと高まります。

まとめ

県内に薬学部が存在するも、未だ薬剤師不足とされる埼玉県には多くの求人が存在しています。全国平均から見ても決して高い年収とは言えませんが、中には700万円前後の年収を提示する調剤薬局やドラッグストアが地方部を中心に存在しています。

こうしたチャンスを見逃さないためには薬剤師転職サイトの活用が欠かせません。わからない点はコンサルタントに納得がいくまで相談し、理想の転職を成功させましょう。