役職についてキャリアアップするイメージ画像

各役職の給料(年収・月収・ボーナス)

病院や調剤薬局に製薬会社、そしてドラッグストアなど医療の現場には必ず存在する薬剤師ですが、薬剤師にはその役割に応じた役職が存在することはご存じでしょうか。

代表的な「管理薬剤師」を始めとして「薬局長」や「登録販売者」、そして「店舗管理者」など、薬剤師には職場の役割に応じた複数の役職が存在します。

それぞれに求められる仕事内容や責任は異なり、これが収入の違いにもつながっていることから、キャリアアップを目指す人にとっては大きな目標とされることもしばしば。

今回は上記4つを含む、役職と年収・月収・ボーナスの関係についてご紹介します。

調剤薬局の年収・月収・ボーナス

部長・課長(本社管理職)

薬剤師が担う役職の中で最も高年収を獲得しているのが調剤薬局の「部長・課長クラス」の薬剤師です。

その額はおよそ915万円、月収は約60万円、そしてボーナスは230万円前後とされており、本社管理職ほどともなるとその年収は800万円~1,000万円になります。月収は50万円~60万円前後であることが調査によりわかっています。

主任

薬局の主任クラスだと年収が300万円~350万円、月収は20万円前後です。

管理薬剤師

調剤薬局には経営において欠かすことのできない「管理薬剤師」が存在します。

その年収は約500万円、月収は30万円以上、そしてボーナスはおよそ125万円と報告されており、身近な調剤薬局の管理者であることから、薬剤師が目指すキャリアアップとして考えられることも多い役職です。

調剤薬局はこのように役職が多いため、年収の幅が広く自己研さんによる給与の増額を狙う人も少なくはないようです。

病院の年収・月収・ボーナス

病院薬局長

病院での処方、服薬指導が主な仕事となる「病院薬局長」が年収830万円近く、月収が50万円以上でボーナスは210万円程度となっています。

調剤部門長

調剤部門長だと年収550万円~600万円、月収が35万円前後です。

薬剤師主任

薬剤師主任だと400万円から450万円程度の年収で月収は30万円前後とされています。

専門薬剤師・認定薬剤師

最新の薬学情報をベースに医療発展に貢献する「専門薬剤師」と、職務遂行に必要とされる能力を有する「認定薬剤師」はほぼ同額の結果となっています。

年収はおよそ630万円、月収は約40万円、そしてボーナスは160万円程度で、前述の部長や課長クラスと比べると200万円から300万円ほどの差が見受けられます。

ドラッグストアの年収・月収・ボーナス

現在増えつつあるドラッグストアですが、ここでは店長や管理者、そして「登録販売者」が従事しています。

店長・管理者・登録販売者

それぞれの年収は店長が約800万円、管理者が約700万円、販売員が約500万円となっており、場所によっては調剤薬局や病院の薬局に近い年収を獲得できる店舗も存在するようです。

製薬会社の年収・月収・ボーナス

医薬情報担当者(MR)

さらに医薬品の製造元となる製薬会社にも部署に応じた役職が複数存在しており、その中でもひときわ目立つのが医薬情報担当者と呼ばれる、通称「MR」です。

その年収は800万円~1000万円を超えるケースもあり、製造された医薬品の品質や効果、そして安全性についての情報収集や提供といった重要な役割を担うことから大きな責任を伴う役職とされています。

開発・研究職

続く「開発」や「研究職」の場合は年収は700万円となっており、調剤薬局等と比べて激務であることが知られています。

給料を計算している画像

薬剤師って実際給料(年収・月収)は良いの?

医療系の職業として昔から安定して人気のある薬剤師。専門職として手に職を付けたい人や医療に従事したいという人にも人気の職業です。

医薬品のスペシャリストである薬剤師は、不況と言われる現代においても高給で将来的に安定していると言われる、希少な職種として知られています。

国家資格とされる薬剤師が活動できる職場は多く、病院や調剤薬局、最近ではドラッグストアやスーパーの医薬品コーナーなど職場が増えたことにより、ニーズが高まりつつある職種でもあります。

また、男性・女性共に人気があり、男女の差なく実力を発揮しスキルアップしていける職業としても注目されています。薬剤師は日常的に接する機会が多い職業ですが、実際にはどの程度の年収を得ているのか知らない人も多いのではないでしょうか。

安定した職種で知られる薬剤師の給与について、今回は年齢および性別ごとに算出した結果についてご紹介します。

薬剤師の給料「平均月収や生涯年収」はどのくらい?

年収のグラフを見ている人平成27年度の人事院統計表によると薬剤師の平均年収は590万円となっています。

管理薬剤師、認定薬剤師、専門薬剤師、病院薬局長、課長、部長など役職が加わると収入もアップします。

厚生労働省の調査では2009年には500万円台に到達していることが報告されており、現在に至るまで給与額の減少は見られず、少額ながらも増減を続けているようです。

推定生涯年収は約2億2000万円程度と言われており、2016年度の日本の平均生涯賃金の1億7845万円と比べても国家資格を有する職業として高い給料水準を誇っています。

女性が半数以上とされる薬剤師ですが、比較的男性の方が高給であることが多く、男女間でおよそ50万円から100万円程度の差があることが知られています。

実際は勤続年数に加えて病院やドラッグストア、そして調剤薬局など職場によっても給与額が変わるため、平均年収額は大まかな目安として考えられています。

年齢別による給料(年収と月収およびボーナス)の平均額

お金と明細書20歳から64歳までの年収、月収、ボーナスの順に平均額を算出すると、20代では年収が約340万円~420万円、月収がおよそ20万円~26万円となっており、ボーナスは85万円~105万円程度です。

30代からも給与額は増加していき、年収は約460万円~525万円、月収はおよそ30万円~33万円、そしてボーナスは115万円~130万円程度となります。

40代では一番の増額を見せます。その年収は600万円~660万円、月収は37万円~40万円、そしてボーナスは150万円~165万円程度となり、薬剤師として勤続する年齢においては最大の伸びを見せる世代です。

50代は薬剤師として得られる最高の給与額を記録するものの、定年が近づくにつれて減額傾向にあることが確認されています。

その年収は約710万円~680万円、月収はおよそ45万円~42万円、そしてボーナスは180万円~170万円と減少傾向にあることが伺えます。

60代に入るとさらに減額が進み、30代半ばごろと同じ程度の年収480万円となり、月収は30万円、ボーナスは120万円程度に収まります。

しかし、これは薬剤師に限った事ではなく、多くの職種・業種において見られる傾向であり、その中でも薬剤師の生涯賃金は推定で2億2000万円程度と、医師と看護師の中間に位置する額です。

公務員と民間では、どっちのほうが給料が良い?

公務員と民間の給料を秤にかける薬剤師の就職先には薬局、病院・診療所、大学、医薬品関係企業、衛生行政機関、保健衛生施設などがありますが、大きく分けると公務員か民間企業勤務になります。

病院勤務の場合でも国立病院と民間病院があり、国立病院で働く薬剤師は公務員となります。

新卒で国家公務員薬剤師となった場合の給料は医療職(二)2級15俸給となり、初任給は一律で20万8000円。民間病院の薬剤師の初任給が20万から25万円なので初任給でいくとやや民間企業のほうが有利に感じられますね。

しかし、国家公務員薬剤師の平均年収は約600万円であるのに対し、民間病院の薬剤師の平均年収は約400万から650万円であることから、長い目で見ると国家公務員薬剤師のほうが安定して高い水準の給料を得られる可能性が高いといえます。

また、民間の薬剤師の中で最も多い調剤薬局で働く薬剤師の年収は450万から600万となることから民間でも大企業か病院薬剤師が給料面でおいても恵まれているといえるでしょう。

男女間に見られる薬剤師の給与額差

錠剤調剤薬局や病院、製薬会社など就職先が多く、また他業種に比べてライフバランスに合った仕事ができるとされる薬剤師は女性が過半数を占めるとされています。

女性比率の高い薬剤師ですが、男女間で平均年収や月収に差があることはご存じでしょうか。

厚生労働省の調査報告書である賃金統計基本調査には、男性の平均年収が685万円で平均月収が43万円、女性の平均年収が490万円で平均月収が31万円と報告されており、男性薬剤師の方が比較的高額であるようです。

この給与額はあくまで平均を算出した額になるため、実際は勤続年数や病院や調剤薬局などの勤務場所によっても大きく変わるものと言えるでしょう。

薬剤師の平均給与および月収には大きな増減がなく、わずかながら上昇傾向にあることが調査から分かっています。

病院や調剤薬局そしてドラッグストアに加えて、現在は在宅医療への注目も高まりつつあることから薬剤師が必要とされる場所が増えています。

こうした流れもあり、必要とされる薬剤師を確保しようと高給での待遇を図ろうとする企業もみられています。

社会情勢による大きな影響を受けない点も、薬剤師が安定していると言われる一因となっているのかも知れません。

給料を上げるのはどんなことが必要?

空を見ながら給料について考える人公務員薬剤師の場合初任給は民間の病院薬剤師に比べてやや低い印象がありますが、その分福利厚生の充実、定期的な昇給があるため年齢と共に徐々に給料も上向きになり比較的安定した高収入を得られます。

一方、民間の病院勤務の薬剤師の場合は管理職に就けばそれなりに給料アップも見込めますが、なかなか難しい現状があることも事実です。

もっとも高い給料をのぞむなら製薬会社の薬剤師になりステップアップして昇給を目指すか、薬剤師として薬局を開業すれば年収1000万円に到達すること可能です。

薬剤師の場合、全体的に昇給が少ない傾向にあり、初任給の高さが必ずしも将来の高収入に繋がるわけではありません。

就職先にどこを選ぶかで生涯年収にかなり差が出てくることを覚えておきましょう。

試験管に薬剤を垂らす薬剤師

薬剤師の給料(年収・月収)決める要因について

どの職種においても長く務める上で重視される点が給料(年収や月収)です。薬剤師は数ある職種の中でも比較的給料が高額とされ、将来的な安定にも優れた職種として知られています。

最近では高齢化社会による在宅医療の推進に伴い、さらに薬剤師のニーズが高まることが予想されており、今回はこうした薬剤師のニーズや必要とされる技能など、その給料を決める要因とは何かについてご紹介します。

ニーズで変わる薬剤師の給料(年収・月収)

紙と電卓給料(年収・月収)を決める要因の一つ、それが「薬剤師のニーズ」です。一般に薬剤師の給料は高額と考えられがちですが、実際のところ給与額は薬剤師のニーズによって左右されるため必ずしも高額とは限りません。

平均年収は520万円~600万円と幅があり、職種や勤務先によっても違いがみられます。それでは薬剤師のニーズとはどのような場合に高まるのでしょうか。

最もシンプルな例で言うと、薬剤師を必要とする企業が増えた場合が挙げられます。需要が高まる中で供給が不足すると、企業はより良い雇用条件を提示して優れた薬剤師を求めます。このことが結果として給料の増加につながるというのが一定のルールとして挙げられます。

逆に薬剤師を求める企業が減ると、需要に対して供給過多の状態となるため、薬剤師が余る結果となります。これにより企業は少しでも安く、優れた薬剤師を得ようといった流れが出来てしまうことから、給料の減少が起こるようです。

今後も高まると予想される薬剤師のニーズ

高齢化社会による在宅介護や増えるドラッグストアや調剤薬局といった流れから、薬剤師の需要はまだまだ下がることなく続くことが予想されています。供給過多による薬剤師の将来を不安視する声も聞かれますが、勤務先となる地域や職場によって状況も異なり、地方では薬剤師の不足に悩む地域もあるとされています。

薬品のスペシャリストであることから、今後はさらに薬剤師の活動の場が広がることも予想されています。主な職場となる病院や薬局の他に、製薬会社や化学製品の製造会社、そして女性には欠かせない化粧品会社など、人体の安全が第一とされる現場においては薬剤師の持つ知識・経験は価値が高く、優れた薬剤師を求める企業は少なくありません。

高い給料(年収・月収)を目指してキャリアアップを図る薬剤師も

もう一つの給料(年収・月収)を決める要因が「キャリアアップ」です。今後増えていくと予想される活動場所に比例して、薬剤師のニーズも自然と高まっていくとされていますが、こうした時代の流れに乗るためには薬剤師自身のスキルやキャリアアップが求められることも忘れてはいけません。

薬に関する知識だけでなく、薬剤師には調剤や服薬指導といった患者とのコミュニケーション・メンタルケアといった知識も必要とされます。接客はもちろん、健康相談や医薬品に関する情報提供など、薬剤師には医療全般における対応が求められるようになるでしょう。

こうした流れを受けて、薬剤師の中には将来的な給料アップを図ろうと考える人も増えているようです。「グローバル化が進む中で必要とされる英語力を身に付ける」、「在宅医療について学び、現場での対応力を身に付ける」といった自己研さんに励んでおくことが、薬剤師の今後を決める大きなファクターと言えます。

医療を取り巻く環境の変化に応じて、薬剤師の待遇も自然と変わります。増えるドラッグストアや調剤薬局により薬剤師の数が不足することから、より良い待遇で薬剤師を招きたいと考える雇用主も多いとされており、こうした情勢が薬剤師の年収に影響を与えます。

ニーズが高まると予想される中でも、個人に求められる知識や経験も多くなるため、スキルアップを欠かすことはできません。さらに、増えることが予想される在宅医療の現場で、必要とされる仕事に対してどれだけ幅広く対応できるかも薬剤師の年収を決める大きなポイントと言えるでしょう。

木の駒を人に見立てて動かす画像

薬剤師の年収を決める大きな条件の一つにスキルアップが挙げられます。ドラッグストアや調剤薬局が増え、在宅医療が推進される中で、薬剤師に求められる仕事の幅も広がりました。

薬のスペシャリストである薬剤師ですが、それ以外に求められるスキルとは一体何でしょうか。

ここでは薬剤師が年収・月収アップする方法として取り入れられているスキル・能力についてご紹介します。

給料(年収・月収・ボーナス)アップ事例① コミュニケーション能力を磨き「店舗運営の中核を担う薬剤師」へ!

患者とコミュニケーションをとる薬剤師薬剤師の仕事は調剤だけではなく、患者に対して服薬指導や健康相談などの接客も含まれています。

そのため、意外と重要視されるスキルが「コミュニケーション能力」とされており、このスキルの有無が薬局の評価や売上などに大きく関わると考えられています。

増え続けるドラッグストアや調剤薬局の中で生き残るためには、薬剤師個人の持つコミュニケーション能力が薬局の評判を決める重要なポイントと言えるでしょう。

また、年収交渉においてもコミュニケーション能力は有利とされており、既定の年収に加えて20万円~50万円ほど年収アップしたケースも報告されています。

コミュニケーション能力に長けた薬剤師に求められるものは多いとされ、薬局の運営の要である接客のみならず、職場の人間関係を円滑化する役目も求められます。

こうして生まれる調和は店舗全体の運営を安定させ、売上や評価といった実際の成果に結びつくことから、コミュニケーション能力に優れた薬剤師のニーズは特に高いとされています。

給料(年収・月収・ボーナス)アップ事例② 薬剤師のマネジメントスキルを磨いて「管理職」へキャリアアップ!

ドラッグストアや調剤薬局など店舗経営においてコミュニケーションと並んで欠かせないスキル、それが「マネジメント能力」です。

薬剤師が年収額を上げる方法の一つに「管理職へのキャリアアップ」があり、これには店舗やスタッフといった組織の管理能力が求められます。

ドラッグストアの店長や調剤薬局の薬局長などが該当し、どの職場でも一定のニーズがあるため、年収の交渉も比較的行いやすいようです。その額は既定の年収に加えておよそ50万円~100万円とされています。

仕事内容は店舗全体の管理業務となります。スタッフの労務管理や医薬品の発注を行い、製薬会社や病院とのやり取りもすべて行わなければなりません。

店舗の経営を支えるスタッフの管理も大きな仕事とされており、職場環境を整えてスタッフ間の関係を取り持つことは業務をスムーズに進める上で欠かせません。

また、マネジメント能力に長けていると、その薬剤師の実務経験が豊富であることの裏付けともなり、上長や経営者への印象も良くなることに加えて高い評価を得やすいともされています。

給料袋

就労先で差が出る薬剤師の給料事情(年収・月収・ボーナス)について

比較的高い給料をもらえる職業、と聞いてどんな職業が思い浮かびますか?その何番目かに「医療系」という答えが入る人ってけっこういるのではないかと思います。

たくさんもらえればうれしいけれど、実際どれくらいもらえるものなのか。 分からないことのほうが多いのが実状ですよね。

今回はそんな「医療系」の中でも圧倒的に女性に人気の高い 「薬剤師」に焦点を置いてお話ししていきたいと思います。

全国の届出「薬剤師数」は276,517人

薬局の店内厚生労働省の調べによると、2010年12月31日現在における全国の届出「薬剤師数」は276,517人で、 その内男性は108,068人、女性は168,449人。薬剤師が女性に人気があり、雇用も多い職業であるという話が裏付けされている人数比です。

2012年以降、6年制の薬学教育を受け、従来の基礎薬学に加え医療薬学の知識と技術が必須となって、国家資格である薬剤師の資格もかなり難易度の高いものになりました。

全国どこに行っても一定の需要があり、転職・復職にも有利な薬剤師の資格は 結婚や出産を予定している女性に安定した雇用を提供できる場になっているようです。

需要が多いといわれる薬剤師。では一体どれくらいの給料(年収・月収・ボーナス)が見込めるのでしょうか?

まず最初に、日本国内の2016年におけるすべての職業人口の平均年収は442万円だったそうです。 (「DODA 平均年収ランキング2016年度より) これを念頭において薬剤師の年収はいくらだったのかというと、 平均年収は590万円という調査結果が出ています。(中央社会保険医療協議会 平成27年度報告書より)

約150万円、薬剤師の職業のほうが高い年収をもらえているという結果になりますね。 もっともらえていると思っていた人も、こんなにもらえているのか!という人も 感想はそれぞれだと思われますが、いかがでしょう?

一言で薬剤師といってもその就労先はさまざまに分かれています。 (薬局、病院、大学、製薬会社、保健所等) その中でも薬局の従事者が145,603人。全薬剤師の約半数を占めています。 次いで病院・診療所の従事者が約18パーセントで52,013人、 医薬品関係企業の従事者が17パーセントで47,256人、以降大学、保健所等と続きます。

 では、数ある薬剤師の就労先で、給料を一番多くもらえるのはどこになるのでしょう?

年収アップの目標へ進むイメージ画像トップは製薬会社の推定年収650万円。次いで病院の推定年収575万円、以下、調剤薬局の推定年収550万円、ドラッグストアの推定年収400万円となっています。

どうでしょう?製薬会社での勤務とドラッグストアでの勤務、年収では250万円近くの差が生じてしまうんですね。

これはやはり専門性の分野か、そうではないかの一言に尽きると思われます。製薬会社では、新薬の研究や実験・開発などが行われることにより、専門知識や高度な知識が必要となってきます。

必然的に多くの報酬を得ることも増えるわけです。また、薬局やドラッグストアでも、店長などの役職付きになれば平均以上の年収を得ることも可能でしょう。

勤続年数が増えれば年収も増えていくといわれる薬剤師ですが、 上記のように就労先によっては最初から収入差が大きく広がってしまいます。

転職や復職の希望動機が金額面でないのなら問題ありませんが、 それなりに金額面を考慮したいのであればいままでのお話を考慮したうえで、 職場の希望を選択していってほしいと思います。

意外?年収アップにつながりにくい「資格」とは?

スキルアップのイメージ画像スキルやキャリアアップで真っ先に思い浮かぶのが「資格」ではないでしょうか。

薬剤師にも専門とされる資格がいくつか存在しますが、実際の現場において資格はそれほど優遇されていないようです。

その理由は、薬剤師の能力は実務で培われた知識や経験が重視されており、その職場で必要とされる能力をいかに発揮できるかによって決まるためです。

本来薬剤師は薬に特化した専門職ですが、診療科や部門によって取り扱う医薬品や作業も異なります。

そのため、何かに特化するよりは総合科目の薬局など、より広範で多くの医薬品を取り扱う職場で実務経験を積む方が、転職や年収アップを考えた際に有利です。

薬剤師のスキルアップにおいて重要なポイントが「コミュニケーション能力」と「マネジメント能力」の2つです。

どちらも店舗経営を円滑化し、売上や評判につなげる上で必須のスキルとされていますが、こうしたスキルは筆記試験などで身に付くものではなく、実務によってのみ培われるものです。

どちらも簡単に身に付けられるものではなく、始めからすべてを実行するのは至難と言えます。

そのため、日頃から少しずつスタッフや患者との信頼関係を高め、チームとして仕事にあたっていく工夫をしていくことが年収アップにつながる一手となります。

将来のライフスタイルを見据えて

ワークライフバランス薬のスペシャリストで知られる薬剤師といえば、その職場は調剤薬局と考えがちです。

しかし、実際にはその事業規模や職場、業務によって多く役職が分かれており、その年収や月収も異なることがお分かりいただけたと思います。

給与額が高額になればなるほど必要となる知識や経験も増え、業務量による負担も大きくなることが知られています。

反対に調剤薬局などの店舗によってはライフスタイルを優先できるなど、女性に優しい職場も存在することから、今後も高まるニーズと一定の人気を誇る職種と言えそうです。

おすすめ薬剤師転職・求人サイト

マイナビ薬剤師

薬キャリ(エムスリー m3)

ファルマスタッフ

ファーマキャリア

リクナビ薬剤師

ヤクジョブ.com