全国的に見ても、薬剤師の数がかなり不足気味な中国地方。人口に比例して、薬剤師数もその求人数も大都市・広島に一極集中している状態です。では中国地方の中でも岡山県はどうなのでしょうか。

よい人材の流出をいかに食い止められるか、日本全体での課題になっている現在、やはり岡山県もわずかに人材不足の状態になっています。年齢に左右されることなく一生続けていける薬剤師の仕事は、引っ越しやUターン・Iターン転職にも有利に働きます。

初めて岡山県で働こうと思っている人も、岡山県のメリット・デメリットを活かして上手に転職活動を進めていけるように、詳しく対策を練っていくことが肝心です。

 

岡山県内での薬剤師の人数について

岡山県の人口10万人あたりの薬剤師の数薬剤師といっても雇用される施設には多くの種類があります。大きく分類すると、薬局や病院・診療所といった医療施設、大学、研究所などの研究施設です。

その中でも薬局で働く薬剤師の数は161,198人と薬剤師の雇用先の中では最も多く、次点に続く医療施設勤務の薬剤師の数は54,879人で薬局勤務の約3分の1。この人数からも、薬局での雇用人数が薬剤師業界の中でどれだけ膨大な雇用数を占めているのかが分かります。

では、中国地方の中でも岡山県内での薬剤師人口はどれくらいいるものなのでしょう?
全国の総薬剤師数は288,151人。そのうち岡山県内の薬剤師数は3,937人(2014年調べ)。
人数だけ言われても多いのか少ないのか、これだけではよくわかりませんよね。

薬剤師数ランキングが47都道府県中第15位

人口10万人あたりの薬剤師数ランキングが47都道府県中第15位という岡山県。薬局・医療施設に従事する人の数は全国の平均値が170.0人なのに対して、岡山県では166.2人。

ほんのわずかですが平均値より低く、薬剤師が不足していることが分かります。

隣県でもある広島県での数値は全国でも第6位という上位に位置していて193.8人。こちらはかなりの飽和状態です。この結果は、大都市に人が集中してしまって近隣県の雇用が足りなくなっているという証拠なのかもしれません。

いくつになっても働きたい。その願いが叶う職場探し

薬剤師が男性より女性のほうが多いというお話は先に記載しましたが、では年齢にはなにか差があったりするのでしょうか?
薬剤師を年齢別に見てみると、ひとつの流れに気が付きました。

まず1番多い年代は「30~39歳」が55,708人、次いで「40~49歳」が50,738人。50代がそれに続くわけですが、なんと次世代を担うべき「20~29代」は31,318人と、かなり少ない数字になってしまっています。

医療に従事する若者の大都市流れ(ここでは隣りの広島県が該当)がここでも浮き彫りになり、地元となる県での人数が確保できないという問題が顕著になっているのです。

首都圏を外して高年齢化が問題視されている昨今。けれど資格さえもっていれば日本全国どこに行っても職に困ることはない、と言われている薬剤師。

薬局数は年々増加の一途をたどっている現状から考えても、将来的にも困ることはなさそうです。
60代、70代になっても安定して仕事ができるというのは大変恵まれていることだと思います。

岡山県内で仕事を探すメリットって?

首都圏やそれに準ずる規模の大都市(ここでは広島県)では、人口が多い分それに従事する施設が多く存在し求人も多く発生しています。人口が多いということはその分1つの求人に対するライバルも当然多数いることになり、なかなか職にたどり着けないというジレンマも発生してしまうこともしばしば。

けれど先程の薬剤師数でもわかるように、岡山県での従事数はわずかとはいえ不足気味。つまり大都市よりも少しだけですが職にたどり着ける確率が高くなるということなんです!

倍率の高い広島県よりも転職活動が有利な岡山県。交通の便から考えても、岡山県での雇用を選択肢に加えるのは有益なことだと思われます。選択肢が1つでも多く増えることは、転職をする上でもかなり恵まれている状況だと言えます。

自分がどんな条件の施設を希望しているのかよく吟味したうえで、より良い転職先にたどり着いてほしいと思います。

【出典】 『厚生労働省』医師・歯科医師・薬剤師調査の概況、平成26年(2014年)年度年次推移調べ