大分県の薬剤師転職・求人情報

人口10万人に対して薬剤師の数が180人程度となっており、全国的に見ると大分県は薬剤師が少ない傾向にあります。薬剤師の勤務先は病院や診療所が多く、製薬会社に勤める薬剤師は少ないようです。

薬剤師が不足しているものの、求人数が少ないことから、大分県は転職に有利な地域とは言えません。九州エリアの中では比較的に調剤薬局や病院数が多いため、入念なリサーチを続けることで希望する求人が見つかる可能性があります。

転職にはやや不適とされる大分県。ここでは大分県内における薬剤師求人や給与、地域差などの傾向、そしておすすめとなる転職サイトの特徴などについてご紹介します。

大分県での薬剤師の求人傾向について

薬剤師の勤務地が少なく高年収求人も少なめ

大分県では薬剤師の勤務地が少ないため、薬剤師の需要が低く、年収が上がりにくい傾向にあります。

県庁所在地となる大分市には病院が集中しており、県内でも薬剤師の人気も高い地域です。そのため、求人の数や種類は多いものの、前述した通り年収はあまり期待できません。

高額年収で知られるドラッグストアの数は極めて少なく、大分県内でもわずか数件程度となっているため、転職先としては非常に望みが薄いと言えるでしょう。

ほかの地域と同様、大分県でも都市部である大分市には求人が多く集まり、中津市や佐伯市といった地方部になるほど年収が高くなる傾向にあります。

大分県の薬剤師の平均給料/年収・月収について

平均年収は全国平均に近い550万円程度

大分県は薬剤師の人気がそれほど高いわけではなく、薬学部を持つ大学がないなど、薬剤師の平均年収が上がる条件をいくつか満たしているものの、勤務数の少ないなどの理由から年収が低い傾向にあります。

都市部である大分市では比較的求人が多くなっており、病院の年収は450万円から500万円が相場です。中津市や佐伯市といった地方部では、調剤薬局の年収が550万円から650万円と高額となっており、求人数は減るものの地方部の方が年収の高い求人が目立ちます。

多くの薬剤師は地方都市よりも大都市を選ぶ傾向にあるため、大分県に薬剤師を呼ぶためには高額年収や各種手当の充実した求人を出す必要があるのです。また、高齢化が進むことで薬剤師の仕事も増え、同時に需要が増したことも地方部で年収額が上昇した一因とされています。

大分県での薬剤師の今後について

進む高齢化により薬剤師の需要が高まる可能性

高齢化が進む大分県では病院や診療所の役割が大きくなるため、必然的に薬剤師の必要性が高まると言えるでしょう。薬剤師不足解消のため、今後も高額求人の数が地方部を中心に増えていくと予想されます。

進む高齢化によって、薬剤師には多くの仕事が求められるようになります。そのため、薬剤師は継続的なスキルアップが必要となることも確かです。

在宅医療に関しては緩和ケアに強い病院や調剤薬局で経験を積み、情報提供だけでなく患者の健康相談までできるようになっておくべきと言えます。

また、職場の人間関係や患者とのやり取りにおいてコミュニケーションは欠かせないため、日頃から会話で関係を作っていくことを意識しておくことが大切です。

大分県のおすすめ転職・求人サイト

薬剤師転職サイトを使ってつまづきやすい職場環境や人間関係での失敗を避ける

大分県への転職を考えた場合、地方特有とも言える、いくつかのハードルが存在します。どの勤務先でも薬剤師1人1人が多くの仕事をこなさなければならず、過酷な職場環境と言えます。

大分県では一つの勤務地に対して薬剤師が足りず、今後もこうした状況は続くと予想されています。また、地方に見られる特有の人間関係も悩みの1つとなっており、転職した薬剤師の中には上手く職場や地域に馴染めず孤立してしまうケースも聞かれます。

こうした失敗を避けるには、薬剤師転職サイトの地域や職場に通じたコンサルタントのサポートを受けるのが一番です。転職サイトを通じて高額年収求人を探し出し、コンサルタントのサポートを受けることで、失敗やリスクを未然に回避することができます。

薬剤師不足となるも求人数が増えず転職が困難とされる大分県ですが、薬剤師転職サイトなどの支援サービスを利用し、粘り強く求人を探し続けることで転職が見つかることがあります。

ハードルとなりやすい地方特有の人間関係や職場環境でつまづかないためにも、コンサルタントを通じて地域や職場しっかり下調べをした上で、転職に臨むようにしましょう。

おすすめ薬剤師転職・求人サイト

マイナビ薬剤師

薬キャリ(エムスリー m3)

ファルマスタッフ

ファーマキャリア

リクナビ薬剤師

ヤクジョブ.com