首都圏や主要都市を除く多くの県で、近年薬剤師の大幅不足が問題になっています。関西地方でもこの格差はかなり如実に表れていて、大阪府・兵庫県とその他の県で完全に薬剤師数はラインが引かれてしまっている状態です。

では関西地方の中でも奈良県はどうなのでしょうか。他県と同様に人材不足に陥っているのでしょうか。

1度資格を取れば老若男女問わず長く続けることができる薬剤師の仕事は、引っ越しやUターン・Iターン転職にも有利に働きます。

初めて奈良県での転職を考えている人も、奈良県のメリット・デメリットを活かして上手に転職活動を進めていけるように、詳しく対策を練っていくことが肝心です。

奈良県内での薬剤師の人数について

現在、日本国内で薬剤師の登録をしている延べ人口は288,151人。(2014年12月時点)

その中でも薬局で働く薬剤師の数は161,198人と薬剤師の雇用先の中では最も多く、次点に続く医療施設勤務の薬剤師の数は54,879人で薬局勤務の約3分の1。

この人数から、薬剤師業界の中で薬局で働く人がどれだけ膨大な数を占めているのかが分かるかと思います。

では、関西地方の中でも奈良県内での薬剤師はどれくらいいるものなのでしょうか?

全国の総薬剤師数は先述の通り288,151人。そのうち奈良県内の薬剤師数は2,617人です。多いのか少ないのか、数字だけではいまひとつよくわかりませんよね。もう少し細かく見てみましょう。

薬剤師数ランキングが47都道府県中第42位

人口10万人あたりの薬剤師数ランキングが47都道府県中第42位という奈良県。薬局・医療施設に従事する人の数は全国の平均値が170.0人なのに対して、奈良県では143.8人。

なんと平均よりも27人も少ないという結果が出てしまいました!これはいったい何が原因なの でしょうか。

薬剤師数は広がる一方!?格差が広がる関西地方

近年、日本全体で問題になっている薬剤師の人材不足。全都道府県で42位という不本意な順位になってしまっている奈良県は、まさにその渦中に立たされている県の1つです。

関西地方の中には、平均170.0人を大きく上回る薬剤師数を保有している兵庫県(3位!)と大阪府(10位)があります。特に兵庫県は198.2人。奈良県との差は50人以上も離れています。なぜ、このような格差ができてしまっているのでしょう?

これは、大都市への人口流出が大きな原因になっていると思われます。やはりたくさんの施設や社交場が多い大都市は多くの人にとって魅力的に映ります。

大規模な企業や有名企業もそうした地域に集結していき、その中には大病院や研究施設、大型薬局なども含まれます。新卒者である若人や転職先を探す多くの人たちも、自然と大都市(ここでいう兵庫県や大阪府)へ流れて行ってしまうわけです。

奈良県内での転職のメリットは?

大都市の利点がばかりが目についてしまうかもしれませんが、確実にデメリットも存在しています。大都市での求人倍率の高さです。

基本の薬剤師数が多いので、1つの求人に対して多くのライバルが存在してしまい、倍率が高くなってしまう確率がとにかく高い。これはスムーズな転職を望む人にとってかなりのマイナスですよね。

その点、奈良県内の薬剤師はかなり不足しています。猫の手も借りたい、まさにこんな現状です。求人情報を頻繁にチェックしていれば、兵庫県や大阪府で転職を考えるよりもかなりの確率で自分の望む職に就けるでしょう。

また、仕事内容にもちょっとした違いがあります。大都市などにある大型チェーンなどの薬局では、お店にくるお客さんの数が多いので流れ作業のような接客になりがちです。

けれども地域密着型の薬局では、1人1人のお客さんに対する接客濃度が自然と濃くなります。味気ない接客よりも人とのつながりを大事にしたい、そんな仕事を望んでいる人には奈良県での転職はピッタリなのかもしれませんね。

通勤時間などの利便性、休みや勤務時間などの融通の良さ、給与面など、選ぶ基準は人によってそれぞれあると思います。年々増え続けていると言われている薬局数。

奈良県内では約493施設(2011年時点)で、現在ももっと増加していることでしょう。大都市よりかなり有利な転職活動が展開できる状況を存分に生かして、よりよい転職先を見つけ出してください。