宮崎県の薬剤師転職・求人情報

宮崎県は人口10万人に対して薬剤師の数が180人近くとなっており、十分な薬剤師数とは言えません。病院、診療所ともに数は不十分で、九州エリアでは最下位となっています。

慢性的な薬剤師不足であることから、中には高額年収求人や好条件求人が見つかることもあるため、理想の転職を果たすためには転職支援サービスなどを利用する必要があります。

宮崎県で上手く転職先が見つからない場合は、大分県や熊本県、鹿児島県など近隣の地域まで転職の範囲を広げる方が良いでしょう。

都市部である宮崎市であれば比較的求人が集まりやすい宮崎県ですが、ここでは宮崎県内における薬剤師求人や給与、地域差などの傾向、そしておすすめとなる転職サイトの特徴などについてご紹介します。

宮崎県での薬剤師の求人傾向について

多くの薬剤師は宮崎市などに集中し地方部では高額年収が目立つ

調剤薬局の求人は宮崎市や都城市といった都市部に集中しており、地方部となる日向市や延岡市などには少ない傾向があります。高額年収求人や好条件求人は都市部よりも地方部の方が家具が多くなるため、転職を狙うなら地方部調剤薬局と言えるでしょう。

しかし、その数が決して多くはないため、転職は容易ではありません。転職支援サービスを利用するなど、いかにして求人情報を集めるかが転職の成功可否に関わると言えるでしょう。

宮崎県にある調剤薬局のほとんどが宮崎市や都城市に集中していることから、都市部であれば地方部よりも求人は多いため転職のハードルは低くなることが分かります。日向市や延岡市などといった地方部となると調剤薬局数が減るため、転職の際には求人情報だけでなく、職場環境や人間関係について下調べしておくと良いでしょう。

宮崎県での薬剤師の平均給料/年収・月収について

宮崎県内の薬剤師平均年収はおよそ500万円となり全国平均を下回る結果

宮崎県で働く薬剤師の平均年収はおよそ500万円程度となっています。薬学部が併設されている大学が1校のみとなるも新卒薬剤師が占める割合は大きく、現状、薬剤師は過剰傾向にあることは間違いありません。

そもそも宮崎県には薬剤師の求人が少ないため、競争率も高くなります。薬剤師が働ける施設の数も少なく、激しい競争の中で理想の求人を見つけ、転職を果たすのはハードルが高いと言えるでしょう。

宮崎市や都城市のような都市部であれば比較的求人数は多く見込めますが、年収はやや低めです。都市部から離れた日向市や延岡市となると通勤やその他の理由から人気は落ちるものの、年収や待遇は良くなる傾向が見られます。

宮崎県での薬剤師の今後について

在宅医療やセルフメディケーションに対応できる薬剤師が求められる

宮崎県では今後、高齢化の対策としてジェネリック医薬品の推進や在宅医療などへの関わりが強く求められるようになります。

大まかな役割としては在宅医療への関わりのほか、セルフメディケーションの推進・普及、そして地域社会に根付いた予防医療への取り組みなどが挙げられます。

後のこうした流れに対応できるよう、薬剤師には向上心を持って積極的に学び続けることが大切です。また、治療は患者との対話を通じて行われるため、コミュニケーション能力に長けていることも必須です。

宮崎県のおすすめ転職求人サイト

コンサルタントのアドバイスが受けられる薬剤師転職サイトを選ぶ

理想の求人を宮崎県で見つける場合は都市部ではなく、地方の調剤薬局やドラッグストアを狙うようにしましょう。少ない宮崎県の求人情報を見逃さないためにも、薬剤師転職サイトを利用する際は複数登録することをおすすめします。

転職サイトには転職専門のコンサルタントが在籍しているので、年収や勤務形態といった条件がある場合はコンサルタントが応募先企業に直接交渉してくれます。また、応募書類の作成や面接の対策などの相談にものってくれるため、個人で転職を進めるよりも成功率が上がります。

そのため、薬剤師転職サイトを探す時は掲載している求人情報の数だけでなく、コンサルタントの丁寧なサポートが受けられるかどうかも視野に入れた上で探すと良いでしょう。

薬剤師の求人が少ない宮崎県では、簡単に好条件の求人を見つけることができません。そのため、転職を成功させるためには、いかにして求人情報を得るかが重要と言えるでしょう。

薬剤師の多さに比して少ない求人であることから、必然的に競争が激しくなる宮崎県ですが、中には好条件の求人もあります。そのため、転職をあせらず、転職支援サービスを通じてじっくりと探す方が結果的に転職で失敗するリスクが減ります。

おすすめ薬剤師転職・求人サイト

マイナビ薬剤師

薬キャリ(エムスリー m3)

ファルマスタッフ

ファーマキャリア

リクナビ薬剤師

ヤクジョブ.com