宮城県での薬剤師の転職・求人情報

東北エリアの中でも宮城県仙台市は人が多く集まる地域となっており、それに比して求人数も多く、条件などの選択肢も多い傾向にあります。

交通の便も良いため、仙台市内に住む薬剤師は通勤時間も30分から1時間程度で済むなど、生活と仕事を両立するには最適と言えるでしょう。

一方、宮城県には介護や療養型の医療施設や病床数が全国でもっとも少ないことから、病院薬剤師としての勤務は難しい傾向にあります。少ない求人を確実に見つけ出すためには一般の求人広告だけでなく、薬剤師転職サイトを使った方がグンとその成功率は高まります。

ここでは宮城県内における薬剤師求人や給与、地域差などの傾向、そしておすすめとなる転職サイトの特徴などについてご紹介します。

宮城県での薬剤師の求人傾向について

薬剤師求人は人が集まる仙台市に集中
宮城県は薬剤師人口が高く東北エリアの中でも特に薬剤師数に恵まれた地域です。東北エリアのおよそ8割もの薬剤師が宮城に集中しており、その過半数が県庁所在地となる仙台市内に住んでいます。

仙台市内の薬剤師の需要は高く、求人数も多いことで知られており、調剤薬局やドラッグストアを中心に採用が進んでいます。仙台市を離れると調剤薬局やドラッグストアの数はグンと落ちるもののニーズが低いわけではないため、薬剤師を求める声は少なくありません。

すでに高齢化社会となった日本では在宅医療などの観点から専門的な知識・経験を有する薬剤師の人気が高まりつつあります。こうした流れから、今後は薬剤師の年収や求人数が増えることが予想されています。

宮城県での薬剤師の平均給料/年収・月収について

宮城県内の薬剤師平均年収は400万円から500万円が相場
全国平均よりもわずかに低い水準となる宮城の平均年収はおよそ400万円から500万円程度となっています。これは調剤薬局に限った例で、ドラッグストアの場合は職場によっては700万円となるところもあるなど、勤務経験や年齢などでも大きな違いが見られます。

また、病院での平均年収は300万円から500万円となっており、病院薬剤師の求人も少ないことから転職は非常に困難です。以上の理由から、宮城は病院薬剤師が年収アップを狙う転職先としては適していません。

求人数の少ない宮城でより多くの求人情報を集め、条件の良い選択肢を増やすには情報収集が肝となります。薬剤師転職サイトを利用することで、一般では見ることのできない非公開求人も閲覧できるようになるため、意外な高額年収の求人が見つかる可能性があります。

宮城県での薬剤師の今後について

高齢者の増加と社会的な対応の必要性から医療知識に長けた薬剤師が求められる
病院や調剤薬局、ドラッグストアなど、宮城県で薬剤師の仕事が尽きることはなく、今後はさらにその人気・ニーズ共に高まることが予想されています。

宮城県では入院や療養のための病床数が全国と比べても少ないことから、高齢化がさらに進んだ場合の対策が憂慮されており、こうした対策の一環として薬剤師の持つ医薬品の知識やコミュニケーション能力が求められるようになりつつあります。

その中でも特に注目されているのは、在宅医療への関わりやセルフメディケーションおよびジェネリック医薬品の推進であり、今後こうしたスキルを持つか否かが薬剤師の今後を決めると言えるのではないでしょうか。

宮城県のおすすめ転職・求人サイト

24時間いつでも薬剤師求人をチェックできる転職サイトが成功のカギ

在職中の薬剤師が限られた時間内で転職する場合、以下に少ない時間で多くの求人情報を集められるかがカギとなります。薬剤師転職サイトであれば正社員だけでなく、パートやアルバイトなどの情報も掲載されており、好きな条件で求人を検索することができます。

転職コンサルタントのサポートを利用することで勤務先企業との条件交渉も可能なため、限られた時間でもじっくりと自分の職場探しができる点がメリットです。転職サイトに複数登録することでより多くの求人情報が集まり、必然的に好条件の求人を見つけやすくなるためおすすめです。

仙台市を中心に薬剤師の在籍数は多く、また求人も集まりやすい傾向にあります。平均年収は全国的に見ても決して高い水準とは言えませんが、ドラッグストアなどでは経験年数などに応じて高額な求人も確かに存在しています。

今後は進む高齢化社会の中で、在宅医療の現場で力を発揮できる人材が求められるなど、薬剤師個人のスキルアップも重要視されつつあります。