薬剤師の数がかなり不足傾向にある東海地方。関東地方と関西地方という巨大都市には さまれているうえに大変便利な交通網に恵まれているため、人材がほかの大都市へ流れ てしまう傾向が強いようです。

ではそんな東海地方の中でも三重県の薬剤師転職事情はどんな特徴があるのでしょうか。 年齢に左右されることなく一生続けていける薬剤師の仕事は、引っ越しやUターン・Iタ ーン転職にも有利に働きます。人材不足に直面しているからこそのメリットもきっと存 在するはず。

今回初めて三重県で働こうと考えている人も、三重県のメリット・デメリットを活かし て上手に転職活動を進めていけるように、詳しく対策を練っていくことが肝心です。

三重県内での薬剤師の人数について

三重県の人口10万人あたりの薬剤師の数薬剤師とひとことでいっても、雇用される施設はさまざまな種類があります。 大きく分類すると、薬局や病院・診療所といった医療施設、そして大学、研究所などの研究 施設です。

その中でも薬局で働く薬剤師の数は161,198人と薬剤師の雇用先の中では最も多く、次点に 続く医療施設勤務の薬剤師の数は54,879人で薬局勤務の約3分の1。この人数からも、薬局 での雇用人数が薬剤師業界の中でどれだけ膨大な雇用数を占めているのかが分かります。

では、東海地方の中でも三重県内での薬剤師人口はどれくらいいるものなのでしょう? 全国の総薬剤師数は288,151人。そのうち愛知県内の薬剤師数は3,229人(2014年調べ)。 人数だけ言われても多いのか少ないのか、これだけではよくわかりませんよね。

人口10万人あたりの薬剤師数ランキングが47都道府県中第40位という三重県。 薬局・医療施設に従事する人の数は全国の平均値が170.0人なのに対して、三重県では145.9人。

平均よりも25人も大幅に下回る結果が出てしまっています。 ちなみに同ランキング堂々の1位を獲得している徳島県では210.9人。なんとその差は65人! 県によっても大きくばらつきを見せる結果が出ていることがよく分かります。

人材不足だからこその三重県転職のメリットについて

先程も少しお話ししましたが、薬剤師が働く場として1番雇用の多い薬局。その薬局に特化して 進めていこうと思います。

三重県内には約745施設の薬局が存在します(2011年度調べ)。薬局数は現在、日本全体で年々増加している傾向にあるので、現在ではこれ以上の施設数に膨らんでいる状態です。その中でも 全国的にチェーン展開している大手薬局企業と、その地域に密着して独自に展開している中小薬局が存在します。

大手の薬局だと、知名度もあり店舗も大きかったり、となにかとメリットがあるように思われが ち。けれど、意外と給与が安かったり・・・なんて話を聞いたことがありませんか? それはなぜなの か。

大手チェーン薬局は集客が望める主要都市や大きめな市町村に出店します。立地も交通などの利 便性も恵まれている場所。そうすると自然に集客があるのでお客さんにしろ求人にしろ、確実に 人が集まる状況に置かれるんですね。

その点、地域に密着している中小薬局などは、大量の集客は なかなか認められません。単線などの小さな駅の周辺などではその数はかなり顕著に表れているも のと思われます。

そうすると薬剤師の求人を行っていても、一部のかなり狭い範囲の人しかなかな か利点が見いだせません。そうすると、企業はどうやって求人を集うのか。

そうです。主要都市よりも高額の給与を提示したり、家賃ほう助やその他の好条件の提示などで 利便性以外の魅力を打ち出そう、という流れになるんです。

必要なのは、自分の中で条件をしっかり確認しておくこと

クリップボードを持つ笑顔の女性三重県内での総人口における平均年収は460.0万円というデータが出ています。

そして三重県内での薬剤師に特化した平均年収は590.0万円。なんと130.0万円も高額なんです!同じ県内だからといっても条件に差はありますし、都市部以外のほうがよりより条件の企業を発見しやすいかもしれないなんて意外ですよね。

もし、転職の最重要条件に金銭面を挙げている人ならば、薬局以外の企業に目を向けるというのも 1つです。より深い専門知識が必要になる研究所や大学病院などを転職の視野に入れていけば、年収はもっと上がります。

そして金銭面よりも勤務日程や場所などの自由さ・利便性などを重視する人は、地域密着型の薬局 などが向いているのかもしれません。もし、どんなに探してもいいと思う条件が見つからない、と思ったら周囲の県に目を向かてみることも必要かもしれません。

県内にはなかった施設や自分に合った条件を提示している企業が見つかるかもしれません。