石川県での薬剤師の転職・求人情報

人口10万人に対して薬剤師の数が230人程度となる石川県は、全国的に見ても需給のバランスが取れた地域です。

薬剤師の半数近くが調剤薬局で勤務しており、都市部となる金沢市は石川県への転職を考える薬剤師の人気が高まる地域となっています。
石川県内では病院や調剤薬局における薬剤師不足が深刻となっており、求人の中には好条件で高額年収のものも存在します。ただし、県内の病院数は決して多いとは言えないため、病院薬剤師を狙った転職は少々厳しいかもしれません。

そうなると調剤薬局が転職の狙い目となる石川県ですが、ここでは石川県内における薬剤師求人や給与、地域差などの傾向、そしておすすめとなる転職サイトの特徴など石川県の薬剤師事情についてご紹介します。

石川県での薬剤師の求人傾向について

石川県での転職を成功させるなら調剤薬局が狙い目
人口が減少傾向にある石川県では、今後薬剤師の勤務地も減っていくことが予想されています。県内には薬学部を持つ大学が2校存在していることから、毎年需要を上回る数の薬剤師が集中しているようです。
これが石川県の平均年収が低い原因の一つともなっており、年収アップを狙って転職するにはあまり適した地域とは言えません。 金沢市をはじめ、都市部には比較的多くの求人が集まります。

病院の平均年収はおよそ300万円から500万円程度となっており、あまり高額年収の求人は見かけられません。一方、七尾市や小松市といった地方部の調剤薬局では500万円から600万円、ドラッグストアだと700万円にもなる求人も存在します。
このように、石川県内でも都市部には求人が多く集まり、地方部になるほど年収が高くなる傾向にあると言えるでしょう。

石川県の薬剤師の平均給料/月収・年収について

平均年収は全国平均を下回る500万円程度
石川県の薬剤師平均年収は全国平均よりも50万円程度安い500万円に留まっています。
その理由は、石川県に薬学部を持つ大学が2校あることによる薬剤師過剰と、県内の人口が減少傾向にあることが挙げられます。

特に人口の減少が薬剤師の需要に与える影響は大きく、人口減少が続くと薬剤師の職場も減っていくと予想されているほどです。

都市部より地方部の方が年収は高いものの、実際に住みながら働くことを考えると、多くの薬剤師は地方部よりも都市部を選ぶ傾向にあります。

そのため、石川県の地方部に薬剤師を呼ぶためには高額年収や各種手当の充実した求人を出す必要があるのです。

石川県での薬剤師の今後について

求人は薬剤師が不足気味な調剤薬局に集中
薬剤師の需給バランスが保たれている石川県ですが、主要な勤務先である調剤薬局では今もなお薬剤師が不足するといった状況です。

多くの薬剤師は都心部である金沢市や小松市に集中しており、地方部となると通勤の便の悪さなどから好条件の求人が集まるも、その数は決して多いとは言えません。
今後、薬局やドラッグストアが増えることでさらなる雇用の可能性もあります。せっかくの求人の見逃すことがないように、非公開求人が閲覧できる薬剤師転職サイトを利用し、定期的に情報収集することをおすすめします。

石川県のおすすめ薬剤師転職・求人サイト

サポートが充実している転職サイトを選び少ない機会をものにする!

薬剤師が石川県へ転職する場合、職場環境や人間関係で悩み、失敗してしまうケースも少なくありません。特に地方特有の人間関係には都市圏とは違った性質があり、一度つまづいてしまうとやり直しや再度の転職が難しいなどの問題があります。

転職を予定している地域が薬剤師自身に適しているか否かは求人情報からは分かりません。こうした事態を避けるため、石川県への転職を考えた時は実際に職場を見学し、雰囲気を感じておくと良いでしょう。

薬剤師転職サイトを選ぶ際は求人の数だけでなく、自分に合った条件の勤務地を見つけてくれるところを選ぶべきです。転職サイトを通じてコンサルタントに職場環境や内情について問い合わせておくと、転職後の公開や失敗のリスクを避けることができます。

引用:(1)内閣府、高齢化の状況
【出典】 『厚生労働省』医師・歯科医師・薬剤師調査の概況、平成26年(2014年)年度年次推移調べ 『平均年収.Jp』平成27年度人事院統計表、都道府県平均年収・薬剤師年収調べ

 石川県での薬剤師の転職・求人情報 まとめ

薬剤師求人数の多い都市部と年収の高い地方部。ほかの地域にありがちな特徴を備える石川県ですが、平均年収は全国的に高く、また地方部においては特別手当が充実している求人もあり、メリットも少なくはありません。

地方特有の人間関係などもその後の仕事に影響するため、コンサルタントを通じて実際の職場を見学するなどの下準備をしておくと、転職後の失敗をさけることができます。