兵庫県の薬剤師転職・求人情報

大都市以外の地域での人材不足が全国的に問題になっている昨今、薬剤師でも同様に人材の流出に悩まされている県がたくさん存在しています。

異国情緒あふれる人気の港町・神戸を有する兵庫県は、関西地方の中では2番目の総人口をもつ巨大都市。人材不足とは無縁のように思えますが、そんな兵庫県の転職事情はどうなっていのでしょうか?

年齢に左右されることなく一生続けていける薬剤師の仕事は、引っ越しやUターン・Iターン転職にも有利に働きます。初め兵庫県で働こうと考えている人も、兵庫県のメリット・デメリットを活かして上手に転職活動を進めていけるように、詳しく対策を練っていくことが肝心です。

兵庫県内での薬剤師の人数について

現在、日本国内で薬剤師の登録をしている延べ人口は288,151人。(2014年12月時点)

その中でも薬局で働く薬剤師の数は161,198人と薬剤師の雇用先の中では最も多く、次点に続く医療施設勤務の薬剤師の数は54,879人で薬局勤務の約3分の1。この人数から、薬剤師業界の中で薬局で働く人がどれだけ膨大な数を占めているのかが分かるかと思います。

では、関西地方の中でも兵庫県内での薬剤師人口はどれくらいいるものなのでしょうか?

全国の総薬剤師数は先述の通り288,151人。そのうち兵庫県内の薬剤師数は13,914人です。多いのか少ないのか、数字だけではいまひとつよくわかりませんよね。

薬剤師数ランキングが47都道府県中第3位

人口10万人あたりの薬剤師数ランキングが47都道府県中第3位という兵庫県。

薬局・医療施設に従事する人の数は全国の平均値が170.0人なのに対して、兵庫県では198.2人。

平均よりも大幅に多い人数を有しているという結果が出ています!これはどんなことが影響しているのでしょうか。

大都市ならではのメリット、デメリットを探ろう

平均値よりも30人近くも多い数字、これはどんなことを意味しているのか。他県に流出することなくたくさんの薬剤師が県内にいるというのは素晴らしいことです。

これは、兵庫県内に魅力的な施設(薬局や病院、その他の施設)が存在している証拠だと思われます。

兵庫県について調べてみると、2016年の段階で総人口は552.0万人。この人数は関西地方では大阪府に次いで2番目の人数です。

2011年度の調査での兵庫県内の薬局数は2,426施設。薬局数の全国平均は1,166施設なので、兵庫県内にはほぼ倍に近い薬局数があることが分かりますし、現在ではこの数字よりもっと増えていると予想されます。

薬局だけでなく、病院や研究施設なども同様に、たくさんの施設がそろっているわけですから、働ける施設がたくさんあることは確実です。

そして大都市ならではの便利な環境(交通などの利便性のよさ、オシャレなお店や人気店など周囲の娯楽性など)によって、他県からも多くの人が兵庫県に集まってくるのは納得がいきます。

いいことばかりのような感じがしてしまうと思いますが、ここにデメリットも発生してしまう要素があるんですね。

魅力的な環境に自然と県内・県外から多くの人が集まってきて、企業の求人倍率が高くなり職に就きにくくなってしまう・・・つまり「薬剤師の飽和状態」という言葉が1番しっくりくるのではないかと思われます。

ちょっと隣に目を向けてみることも・・・

人気な県だけに、兵庫県内でスムーズな転職を試みるのはなかなか困難を極めるかと思いますが、もしも同じような条件の求人を何度か受けてみてもいい結果が得られないような場合は、周囲の県に視野を広げてみることをオススメします。

同じ関西地方である京都府は平均値よりも低い158.3人、中国地方の岡山県では166.2人、鳥取県では159.8人と、兵庫県に隣接しているこちらの3地域ではどちらも薬剤師不足で働き手が大幅に不足している状態です。

県が変われば、求人倍率や給与面、転職にまつわる環境も変わってくるもの。場合によっては兵庫県内に固執するよりもいい条件のものを発見する可能性が広がります。

1つの県だけに特化せず多くの情報に目を通せば、転職成功への道がスムーズに開けるかもしれません。

おすすめ薬剤師転職・求人サイト

マイナビ薬剤師

薬キャリ(エムスリー m3)

ファルマスタッフ

ファーマキャリア

リクナビ薬剤師

ヤクジョブ.com