北海道での薬剤師の転職・求人情報

北海道での薬剤師転職において、通勤時間はその給与に大きな影響を与えます。

一般的には札幌市のような都市部の方が求人数が多い分給与が安くなり、都市部から距離のある地域ほど求人数が減り、給与が高くなる傾向にあるようです。
地域によっては同じ勤続年数でも数百万円から数千万円の給与差が生じるケースもあるなど、職場探しには十分なリサーチが必要となる北海道ですが、薬剤師求人には具体的にどのような傾向があるのでしょうか。

高齢化や高まる健康への関心といった影響を受けて増加する薬剤師の仕事ですが、ここでは北海道での薬剤師求人や給与、地域差などの傾向、そしておすすめとなる転職サイトの特徴などについてご紹介します。

北海道での薬剤師の求人傾向について

薬剤師求人数は札幌に集中するも、給与額は旭川市や函館市の方が高い傾向

日本で最も広大な土地面積を誇る北海道。2016年の人口ランキングでは約535万人程度となっており、全国で8位を占めました。広い土地に対してその人口は決して多くはなく、特徴の一つとして人口密度が低い点が挙げられます。
そのため、北海道内でもその地域によって薬剤師の求人事情は異なるようです。人口が集中する札幌市では病院や薬局など薬剤師の職場数も多いことから求人数は最も多く、周辺地域に比べて薬剤師の数も多いことから給与額は低い傾向にあるとのデータも報告されています。
都市部から離れた旭川市や函館市では都市部からの通勤距離が遠いことや、病院、薬局、ドラッグストアの数が少ないなどの理由から都市部に比べて給与・年収が高い傾向を見せているようです。

北海道での薬剤師の平均給料/年収・月収について

平均年収は札幌市よりも都市部を離れた地域の方が高い結果に

どのような薬剤師であれば対応スピードの早いサイトに向いているでしょうか?
薬剤師転職の大きなポイントである年収は函館市や釧路市が600万円と最も高く、次いで岩見沢市や苫小牧市が500万円近くとなっており、政令指定都市である札幌市よりも100万円から200万円程度高い求人が目立ちます。

対して札幌市は400万円程度の求人が多数を占めているものの、求人数に注目すると札幌市の方が多く、その理由は人口が集中していることや高齢化による病院、薬局数の増加にあるようです。

また、通勤の便に優れている点も札幌市の特徴であり、薬剤師の転職においても最も人気を誇るエリアであることから薬剤師が集中しやすい傾向にあり、これが札幌市で働く薬剤師の給与・年収が上昇しづらい理由の1つと見られています。

北海道での薬剤師の今後について

札幌市を中心に今後はさらに薬剤師の活躍できる場は増えていく見込み

高齢化による医療機関の増加や薬学に関する教育カリキュラムの推進といった流れを受け、北海道内ではさらに薬剤師のニーズが高まりつつあります。

交通の便が良く人口が集中する札幌市では医療機関だけでなく、製薬会社やドラッグストアなど企業が薬剤師を求めるケースも多数存在しており、勤務先によって給与や業務内容もわずかな違いが確認されています。

少し離れた旭川市や函館市などでは薬剤師の職場数は劣るものの、病院や薬局が存在しており、北海道全域において未だ薬剤師が不足しているようです。

そのため、住宅費や光熱費などの負担は全額雇用先が受け持つといった好条件の求人もあり、転職の際には広く求人情報をリサーチすることが理想の職場探しへとつながります。

北海道のおすすめ転職・求人サイト

求人探しなら理想条件を基に迅速なサポートが受けられる薬剤師転職サイトがおすすめ!

北海道で薬剤師が転職する場合、個人で広域から求人情報を集め、その中から理想条件の職場を探すことは非常に困難です。そのため、少しでも希望する職場への転職を果たすには、多数の求人情報やコンサルタントによるサポートが受けられる薬剤師専門転職サイトの利用がおすすめです。

多くの転職サイトは日本全国を対象としており、北海道においても札幌市をはじめ、各地域の薬剤師求人情報が掲載されています。業種や年収・時給、そして休日など、希望する条件から一括で検索できるため、コンサルタントと共に短時間でより多くの求人を比較・検討できる点が大きな特徴と言えるでしょう。

遠方への転職によっては引越しも必要になる可能性もあるため、こうした金銭面での負担も条件にリサーチできるところもメリットです。

旭川市や函館市などと比べ、札幌市であれば医療機関だけでなく企業への転職も不可能ではありません。比較的に年収が低いとのデータが確認されているものの、安定して仕事を探すには最適の地域と言えるでしょう。

北海道全体が未だ薬剤師不足とされているため、条件が多少贅沢でもコンサルタントにしっかり伝えることで、理想の職場が見つかる可能性があります。