群馬県の薬剤師転職・求人情報

薬剤師がかなり低いとされる群馬県では、人口10万人に対して薬剤師の数が150人程度となっており、薬剤師の需要が高まっている状況です。

病院や診療所ではすでに薬剤師の需給バランスは整っているところもあるものの、県内全域においては未だ病院や調剤薬局、ドラッグストアでは慢性的に薬剤師が不足しています。
2012年には群馬県内に設立された高崎健康福祉大学の卒業生が薬剤師として就職し始めたこともあり、今後は薬剤師の需要と供給のバランスにも変化が訪れるのではないかと注目が集まっています。
高い人気を誇る群馬県の薬剤師について、ここでは群馬県内における薬剤師求人や給与、地域差などの傾向、そしておすすめとなる転職サイトの特徴などについてご紹介します。

群馬県の薬剤師の求人傾向について

関東エリアでもっとも薬剤師が不足していることから求人数は多め
群馬県の薬剤師人口はかなり低く、関東エリアの中でも特に薬剤師の数が少ない地域です。調剤薬局で勤務する薬剤師も少ないものの、病院薬局では全国平均水準に達していることから病院での薬剤師不足という話は聞かれません。
東京都や千葉県、埼玉県のように転職上の激しい競争はないため、より確実に転職したい人にはおすすめの地域と言えるでしょう。
求人の数は前橋市のような都市部に集中しており、沼田市や桐生市といった地方部になるほど年収が高くなる傾向にあります。
病院や調剤薬局と比べて、ドラッグストアは群馬県内に未だ数件しか確認されておらず、ドラッグストアへの転職は非常に厳しいと言えるでしょう。

群馬県の薬剤師の平均給料/年収・月収について

平均年収はおよそ600万円と全国の中でも極めて高い
全国平均と照らし合わせてみても、群馬県の薬剤師平均年収は極めて高いことが分かっており、その年収額は600万円強です。
それでは、群馬県の平均年収が高い理由とは何なのでしょうか。
第一に群馬県内には薬学部を持つ大学が1校しかないことが挙げられます。これにより県内では少数の薬剤師を取り合うことになるため、雇用する側は少しでも好条件にしようと高い年収を提示する傾向があるのです。
第二には地方都市である点が挙げられます。多くの薬剤師は地方都市よりも大都市を選びたがる傾向にあるため、群馬県では年収の高い求人を出すことで薬剤師を呼ぶというのが現状です。

また、高齢化が進むことで薬剤師の仕事も増え、同時に需要が増したことも年収額が上昇した一因とされています。

群馬県での薬剤師の今後について

高齢化の影響で群馬県内の薬剤師の役割が増える
薬剤師が不足する群馬県では、高齢化により進む在宅医療や地域の健康を守るセルフメディケーションの推進・普及できる薬剤師のニーズが高まっていくと予想されています。
在宅医療に関しては緩和ケアに強い病院や調剤薬局で経験を積み、情報提供だけでなく患者の健康相談までできるようになっておく方が良いでしょう。
また、職場の人間関係や患者とのやり取りにおいてコミュニケーションは欠かせません。そのため、日頃から会話で関係を作っていくことを意識しておくことが大切です。

群馬県での薬剤師のおすすめの転職サイトについて

サポートの充実したサイトで職場環境や人間関係での失敗を避ける
群馬県は全国平均を超える高年収ですが、それだけにいくつかのハードルが存在します。
一つ目は薬剤師が不足していることによる、過酷な職場環境です。地方都市である群馬県では一つの勤務地に対して薬剤師が足りず、こうした状況は今後も続くと予想されています。
二つ目は地方に見られる特有の人間関係にあります。地域の結びつきの強さや近所づきあいなどは首都圏とは異なる場合も多く、上手く職場や地域に馴染めず孤立してしまうケースも聞かれます。
こうしたリスクを回避するには、地域や職場に通じたコンサルタントのサポートを受けるのが一番です。薬剤師転職サイトを通じて高年収求人を探し、コンサルタントのサポートで転職成功率を高めるのが最も効率的です。

群馬県での薬剤師の転職・求人情報 まとめ

薬剤師不足により、群馬県内の求人は都市部を中心に多く見受けられます。

応募する薬剤師が集中しやすい前橋市のような都市部では平均年収が低く、都市部を離れた沼田市や桐生市では求人数が減るものの、年収は高めとなっています。
進む高齢化と薬剤師不足により、これからも群馬県内での需要は高く、薬剤師の役割はさらに増えることが予想されるでしょう。
地方特有の人間関係や職場環境があるため、コンサルタントを通じて地域や職場しっかり下調べをした上で、転職に臨むようにしましょう。

群馬県のおすすめ転職・求人サイト

サポートの充実したサイトで職場環境や人間関係での失敗を避ける

群馬県は全国平均を超える高年収ですが、それだけにいくつかのハードルが存在します。

一つ目は薬剤師が不足していることによる、過酷な職場環境です。地方都市である群馬県では一つの勤務地に対して薬剤師が足りず、こうした状況は今後も続くと予想されています。

二つ目は地方に見られる特有の人間関係にあります。地域の結びつきの強さや近所づきあいなどは首都圏とは異なる場合も多く、上手く職場や地域に馴染めず孤立してしまうケースも聞かれます。

こうしたリスクを回避するには、地域や職場に通じたコンサルタントのサポートを受けるのが一番です。薬剤師転職サイトを通じて高年収求人を探し、コンサルタントのサポートで転職成功率を高めるのが最も効率的です。

引用:(1)内閣府、高齢化の状況
【出典】 『厚生労働省』医師・歯科医師・薬剤師調査の概況、平成26年(2014年)年度年次推移調べ 『平均年収.Jp』平成27年度人事院統計表、都道府県平均年収・薬剤師年収調べ

おすすめ薬剤師転職・求人サイト

マイナビ薬剤師

薬キャリ(エムスリー m3)

ファルマスタッフ

ファーマキャリア

リクナビ薬剤師

ヤクジョブ.com