岐阜県の薬剤師転職・求人情報

全国的に見ても、薬剤師の数がかなり不足傾向にある東海地方。関東地方と関西地方にはさまれているうえに大変便利な交通網に恵まれているため、人材がほかの大都市へ流れてしまう傾向が強いようです。

ではそんな東海地方の中でも岐阜県の薬剤師転職事情はどんな特徴があるのでしょうか。 薬剤師数の不足が懸念される県のひとつに挙げられてしまっている岐阜県。年齢に左右さ れることなく一生続けていける薬剤師の仕事は、引っ越しやUターン・Iターン転職にも 有利に働きます。

今回初めて岐阜県で働こうと考えている人も、岐阜県のメリット・デメリットを活かして上手に転職活動を進めていけるように、詳しく対策を練っていくことが肝心です。

岐阜県内での薬剤師の人数について

岐阜県の人口10万人あたりの薬剤師の数薬剤師といっても雇用先となる施設にはさまざまな種類があり、薬局や病院・診療所といった医療施設、そして大学、研究所などの研究施設に大別されます。

その中でも薬局で働く薬剤師の数は161,198人と薬剤師の雇用先の中では最も多く、次点に 続く医療施設勤務の薬剤師の数は54,879人で薬局勤務の約3分の1。この人数からも、薬局での雇用人数が薬剤師業界の中でどれだけ膨大な雇用数を占めているのかが分かるかと思います。

では、東海地方の中でも岐阜県内での薬剤師人口はどれくらいいるものなのでしょう? 全国の総薬剤師数は288,151人。そのうち岐阜県内の薬剤師数は3,811人(2014年調べ)。 人数だけ言われても多いのか少ないのか、これだけではよくわかりませんよね。

人口10万人あたりの薬剤師数ランキングが47都道府県中第34位という岐阜県。 薬局・医療施設に従事する人の数は全国の平均値が170.0人なのに対して、岐阜県では151.8人。

平均よりもかなり低い数値、すなわちかなりの数の薬剤師が不足している状態になっています。 日本全体で「薬剤師の人材不足」が深刻化されているこの問題は、都市部よりも地方県の ほうがより深刻な問題に陥っていることから、岐阜県は先程提示した数字からもまさにこれに 該当する状態であると示されているのです。

岐阜県内で転職事情って?

年収について資料を調べてみると、岐阜県内における総人口の平均年収は約432万円。けれ ども薬剤師だけに特化すると、岐阜県内の薬剤師の平均年収は約531万円。なんと100万円 近く高額な数字が出ています。

やはり薬剤師の年収は一般年収をかなり上回っているんですね。 ただ、これだけ高額収入が謳われていても人材不足である、ここが問題です。

人材がなかなか集まらない企業や薬局などは、給与面で高額を提示していたり、家賃ほう助や その他のメリットを提示したりと、いろいろな面でプラス要素を打ち出し人材を集めようと 画策しています。

もしかしたらとてつもない低予算で引っ越し等が可能になる、なんてことも あるかもしれません。ご自分の希望する案件と一致すればこれほどうれしいことはないですよね。

岐阜県内での転職の1番のメリットは、とにかく職にたどり着ける確率が高いところです。 人材が飽和状態の東京や他の大都市では、1つの案件に何人~何十人ものライバルが発生し、 面接までたどり着けない可能性もしばしば存在します。

これではいくら気に入った企業を見つけ出しても転職には不利ですよね。

自分に合った転職サイトをよく閲覧して、岐阜県内にはどんな条件の企業があるのか。自分がどんな企業に向いているのかをまずは発見してみてください。

いい条件を見つけたらちょっと落ち着いて・・・

かなりいい条件が並ぶ転職サイトのリストに好感触を得て、転職を決意することになるでしょう。 本当に人材不足で「いい条件」をそろえている企業もたくさんあると思います。

でもここでひとつ 忠告を! 高額やプラス要素が多い案件になっている理由は、人材不足以外にもあるかもしれません。
例えば専門知識が必要な仕事だったり、社内の人数が少なく仕事量が多かったり、残業が多い仕事だったり、なにかしら自分が思っていたのとは異なる厳しい事情があるかもしれません。

いい話の 裏には何かある可能性も考えて、知っておきたいことや疑問に感じたことはメモしておき、面接時の対応に役立てるように心がけてください。

おすすめ薬剤師転職・求人サイト

マイナビ薬剤師

薬キャリ(エムスリー m3)

ファルマスタッフ

ファーマキャリア

リクナビ薬剤師

ヤクジョブ.com