秋田県の薬剤師転職・求人情報

病院や調剤薬局、ドラッグストアの数が全国と比べてそれほど多くないことから、秋田県の薬剤師が働く場所は限られています。地方特有の人間関係が影響し、転職後に職場環境になじめないといった理由で失敗してしまう話も聞かれます。

こうした事態を避けるには事前の準備が欠かせません。在職中の薬剤師がこうした下準備をするには負担が大きすぎるため、薬剤師転職サイトの利用がおすすめです。

転職コンサルタントを通じてじっくりと転職準備を進められるので、薬剤師自身に合った理想の職場を見つけられる可能性も高くなります。

ここでは秋田県内における薬剤師求人や給与、地域差などの傾向、そしておすすめとなる転職サイトの特徴などについてご紹介します。

秋田県での薬剤師の求人傾向について

県内で3割の薬局数を誇る秋田市に薬剤師求人が集まる
全国的にみると秋田県は平均年収が高い傾向にあります。その理由は、秋田県に早く学部がないことと、東京や大阪などの都市圏と比べて地方都市である点が挙げられます。

そのため、薬剤師は県外から招くことになるので、高い年収や手当を提示する雇用先が自然と多くなるようです。

また、地方都市であることから都市圏と比べて薬剤師からの人気も低いため、好条件でなければ薬剤師を雇用できません。このような状況が全国的に高い年収となって表れています。

秋田県内でも都市部と地方部で求人数と年収に違いが見てとれます。都市部だと求人の数や種類は比較的多いものの、年収は地方部よりも安い傾向にあるようです。

対して地方部は、求人の数や種類は都市部より少なく、年収は高いといった特徴を見せています。

秋田県での薬剤師の平均給料/年収・月収について

秋田県内の薬剤師平均年収は400万円から500万円前後が相場
秋田県の薬剤師平均年収は全体的にみると500万円程度となっており、全国でも高い部類に入ります。

都市部にあたる秋田市や大仙市では調剤薬局の平均年収が500万円となっていますが、中には700万円や800万円以上となるところもあるようです。ドラッグストアはおよそ400万円から500万円程度が相場となっています。

能代市や大館市、由利本荘市などでは調剤薬局が400万円が平均年収となっており、求人によっては600万円や700万円と高額年収を提示しているところもあります。

ドラッグストアはおよそ500万円となっています。大館市では病院薬剤師の求人も見られ、700万円から800万円と平均年収も高いことが確認されています。

秋田県での薬剤師の今後について

薬剤師求人は増える調剤薬局やドラッグストアに集中
全体的に薬剤師が不足している秋田県ですが、主要な勤務先である調剤薬局ではやや過剰気味といった状況です。多くの薬剤師は秋田市や横手市、能代市に集中しており、地方部となると通勤の便の悪さから好条件の求人が集まるもその数は決して多いとは言えません。

今後、薬局やドラッグストアが増えることでさらなる雇用の可能性もあります。せっかくの求人の見逃すことがないように、非公開求人が閲覧できる薬剤師転職サイトを利用し、定期的に情報収集することをおすすめします。

秋田県のおすすめ転職・求人サイト

サポートが充実している転職サイトを選び少ない機会をものにする!

薬剤師が秋田県へ転職する場合、人間関係で悩み、失敗してしまうケースも少なくありません。特に地方特有の人間関係には都市圏とは違った性質があり、一度つまづいてしまうとやり直しや再度の転職が難しいなどの問題があります。

転職を予定している地域が薬剤師自身に適しているか否かは求人情報からは分かりません。こうした事態を避けるため、秋田県への転職を考えた時は実際に職場を見学し、雰囲気を感じておくと良いでしょう。

薬剤師転職サイトを選ぶ際は求人の数だけでなく、自分に合った条件の勤務地を見つけてくれるところを選ぶべきです。転職サイトを通じてコンサルタントに職場環境や内情について問い合わせておくと、転職後の公開や失敗のリスクを避けることができます。

薬剤師求人数の多い都市部と年収の高い地方部。東北エリアにありがちな特徴を備える秋田県ですが、平均年収は全国平均より高く、また地方部においては特別手当が充実している求人もあり、メリットも少なくはありません。

地方特有の人間関係などもその後の仕事に影響するため、コンサルタントを通じて実際の職場を見学するなどの下準備をしておくと、転職後の失敗を避けることができます。

おすすめ薬剤師転職・求人サイト

マイナビ薬剤師

薬キャリ(エムスリー m3)

ファルマスタッフ

ファーマキャリア

リクナビ薬剤師

ヤクジョブ.com